タグ:android ( 37 ) タグの人気記事

赤札天国のクリスマスタブBOXが届いたぜ!

※この記事は、2015年のものです。


購入したのは、AndroidタブBOX。

8888円+送料+手数料=10000円ピッタリ。
当然、大当たりなどではなく、タブレット1台封入。

Colorfly G708 クアッドコア(1.3GHz) GPS搭載 IPS液晶 BT搭載 Android5.1
(ホワイト)

こちらの商品でした。
サイトでの価格は10000円。

なので、単純に、1112円の得ってことですな。
付属品2つがおまけで付いているということなのですが、
1つは、カバーケース。
プラスチックのふちを四隅につけて、マジックテープで貼るタイプ。
タブレットを収納すると、厚さが3倍くらいになりますが…。

ハードケースなので、持ち運びには便利。スタンドとして利用することも可能。
サイトでの価格は不明。

もう1つは、保護フィルム。
なのだが、最初から1つ貼られているので、これは予備。
正直要らない(苦笑

実は中華タブレットは複数持っているが、s5110bだったり、GPD XDだったりで、
本格的(?)な、7インチタブレットは初だったりする。
KEIANの7インチタブレットもあったが、もう壊れてしまった。(子供用だったし)

同じ位の価格をだせば、あきばおーで、10インチタブレットがあったりするのだが…。
OSが5以上ってないんだよね…。

このG708は、Android5.1だし、BT機能も付いてて、IPS液晶ってことだし、良しとしよう。
(GPSは付いてない気がするのだが…)
現時点で気になる点は、音声が出る直前に、音量大き目のプチノイズが発生すること。

Youtube動画を再生したときなどは、動画再生開始時に1回だけだが、
キーボードのキークリック音を出すようにしていれば、キークリックするたびに、プチのイズが出る。

あと、現時点で、赤札天国のサイトに、「赤札天国新春福袋2016」のボタンだけあるのだが、リンク先が無い。

Androidタブレット1台以上で、2016円ってマジか!?
まあ詳細書いてないし、Android2.3とかの機種でも困るしなぁ。

秋葉で新春セールを狙うほうがいいな。
[PR]
by miries | 2015-12-26 01:14 | Android

勢いで赤札天国の…

GPD XDを購入した赤札天国のクリスマスタブBOXをポチってしまったぜ。

12月12日から数日限定でやってたらしいのだが、
若干数追加したそうな。

Winタブ、Androidタブ、DualOSタブと値段の異なるものが3つあり、
追加前の分は、Androidタブ以外は、好評につき完売したらしい。

で、購入したのは、その売れ残り…げふ…AndoroidタブBOX。
消費税、送料込みで、1万円ピッタリ。
表示価格8888円で、いかにも中華タブな価格ですな!
(中国では、8が縁起がいいらしい)

いやあ、先日も、子供のクリスマス用に、PoraroidのAndroidタブ買ったばかりなのになぁ。
あきばおーで5400円だったのだが、半年前は、3200円で叩き売られていたらしい。
再入荷した分をネットで購入したのだが、数日後には、8000円になってた。
あの超低空スペックで、8000円とは…。

ただ、専用スタンドが欠品していたので、サポートセンターから送ってもらう予定。
それが届いたら、レビューも書くつもりだが、縦置きできるのに、視野角が狭いとか、
シングルコアで動きがもっさりとか、現時点であまりオススメはできない(笑

さて、赤札天国のクリスマス版福袋。
(ヨドバシはあっという間に売り切れたし)

通常でも、値段分以上、7インチ以上の中華Androidタブレットが入っているのは確定。
(+付属品2つ)

現在の赤札天国のAndroidタブレットのラインナップで9000円以上は、10インチ以上しかないので、個人的には10インチがくれば当たりかな。
壊れていないことが前提だが(苦笑

大当たりは、中華タブが2台入っているらしいし、さらに超大当たりは、iPad miniが入っていることもあるそうな。
[PR]
by miries | 2015-12-22 08:52 | Android

GPD XD レビューその4

GPD XDのその後。

PlayStationPlusのフリープレイとか、遊ぶゲームがいっぱいあって、
ちょいと放置気味のXDですが。

その後、快適と思っていたHDMI周りが、やっぱり快適ではなかったことが発覚。
 
リッジレーサーType4も、実は、数フレ遅延が発生しているらしく、
二次予選での1位取るのがかなり難しい(腕の問題ではない…はず)。

HDMIケーブルをはずし、実機で見ると遅延が減る。
HDMI周りに何かあるのだろう。

別のハードの複数のエミュレータで比較してみたのだが、
 
・HDMIケーブルとTVを繋いだ瞬間に、5フレーム以上の遅延が発生する
・HDMIケーブルとTVを繋いだ瞬間に、フレームレートが半分に落ちる

と、実機単体では問題なかったのに、接続すると問題が発生することが判明。

実機単体でも、USBゲームパッドを使うとやはり遅延が発生する。
GPD XDの物理ボタンは、内部はUSBゲームパッドなので、そのままゲームパッドとして使用すると遅延の原因になる。

エミュレータの入力設定で、バーチャルパッドが選択できるなら、
そのバーチャルパッドにXDの物理キーを割り当てたほうが、遅延が激減するぞ。

でもやっぱりTVの大きな画面でプレイしたい…ので、
HDMI周りの改善案情報求む!!
[PR]
by miries | 2015-12-02 18:44 | Android

KEIANタブレット逝く

以前購入した格安のKEIANタブレットが本格的に壊れました。

まず、microUSBポートが奥に凹んで、させなくなったんですが、
そもそも充電はACアダプタ経由なので、USBが使えないだけで、それ以外の用途で使用していたのですが、今度は充電ができなくなりました。

ってことで、分解。

どちらも原因は、部品が基盤から外れたことでした(汗

microUSBポートは、受け側端子がまるっと基盤から外れ、ACアダプタポートは、受け側端子の中央にあるピンが外れて抜け落ちてました。
 
どちらも半田づけすれば直りそうですが、基盤が本体から外れないので、半田づけ自体が不可能。
もうちょっと時間があるときに、基盤をばりっとやってみたいと思います。

どうせこのままじゃ使えないし。
[PR]
by miries | 2015-11-29 21:40 | レビュー

GPD XD レビューその3

GPD XDでHDMI、からの続き。

3台目のTVでテストすると、なんと、遅延も少なく、映像・音ともに良好な状態に!
やはり、TVの問題なのだろうか。

再びダメだったTV2に戻って、各種設定を見直すも…。
10年近く前のTVに、そんなに機能ついてなくてね。
ダイレクトモードっぽい設定が無いので、遅延させるってのがデフォなんだろうなぁ。
ちなみに、遅延している状態で、HDMIケーブルを抜くと、
本体の液晶画面は、遅延しなくなる。

というわけで、次。
USBホストケーブル(OTGケーブル)を使って、PS4のパッドを繋ぐ。
問題なく認識された!

やはりパッドでプレイするのがいいわぁ。
本体のボタンにも優しいし(笑

というわけで次。
PS1のゲームの実行だが、デフォで組み込まれているエミュレータは動く気配なし。
というわけで、野良のePSXeを入れる。
どうせ、GPD XD自体は、単体+ステアカで使用しているので、引き抜かれる情報もないだろ。
…壊れる、というのは嫌だが。

エミュレータ自体は問題なく動作。
ゲームは、テストの度に引っ張り出してくる、R4 (リッジレーサーType4)だ。

DiscJugglerでイメージ化して、拡張子cdiのまま認識された。
これはこれですごいな。

で、ゲームなんだが…。
すげぇ、実機と遜色ないレベルで動作してるわ。

とりあえず、1次予選コースで1位取れるくらい、まともに動いているぞ。

ポータブルでも、据え置きとしても使える、マルチな中華タブレットだな!
…TVは選ぶが。
[PR]
by miries | 2015-11-05 01:06 | ゲームで遊ぶ

GPD XDレビュー その2

「GPD XD 32GBブルー」
それなりに遊んだので、使用後レビューを。

PSPゲームですが、ゲームによって、かなりばらつきます。
WIPEOUTは、ハイスペックすぎるのか、フレームレートも低く、音も割れます。

PSのゲームを確認したいのですが、手持ちのゲームをISO化して動作しなかったので、
手順を再確認中。

海外の動画で、HDMI + ワイアレスゲームパッドでゲームしているものがあったので、
HDMI出力のテスト。

映像は出るのだが、音がでない。
HDMIケーブルを指すと、本体及びヘッドフォンからの音が停止、TVに映像はでるものの、音がない。
ちなみに同じTVにPS4を繋ぐと問題なく動作する。

これはハズレの本体だったのだろうか?

ちなみに、ケーブル2種類、TV2種類で試したのだが同症状。
ただ、いずれもTVがへぼいというのがあったので、
数年前に買ったTVで試したところ、音が出た!

推測するに、GPD XDのHDMIは、お行儀が悪く、それに対応するには、
厳格なTVのHDMIではダメなのではないかと。

それはさておき、HDMIで接続すると、遅延がひどい。
TVの設定をゲームモードにしても、たぶん10/30フレームとかずれてる感じ。
HDMI出力をやめると、0~2フレームくらいの遅延になる。

これに、ワイアレスのゲームパッドを繋ぐと、さらに遅れると思うんだが…。
動画では、遅延の詳細は分からないから無いあ。

一応、OTGケーブルとUSBゲームパッドがあるので、こっちで試してからレビューしよう。
[PR]
by miries | 2015-11-04 11:03 | ゲームで遊ぶ

GPD XDが届いたので、早速レビューだ

思いつきでポチった、GDP XDが届いたのでレビューしよう。

それって何ぞや?という方に簡単に説明すると、中華タブレットである。
3DSの形をしており、物理キーがこれでもか、というくらい付いているので、
画面にタッチせずに、シューティングができるというわけだ!

基本は、搭載されているエミュレータでゲームをプレイすることなので
自前でROMを用意できない人は注意しよう。


で、購入したのは、ブルーの32GBモデル。
箱は丁寧に梱包されており、凹みなどは一切無し。

充電されてない状態なので、まずは付属のUSBケーブルで充電。
ただ、この付属のUSBケーブルのコネクタが異常に硬い。
爪部分の引っ掛かりが強力なので、使い古しのタイプAを使ったほうがいいだろう。

同じような状況で、KEIANタブレットのUSBコネクタが破壊されたからな…。

で、充電後に起動すると、オリジナルのランチャーが立ち上がる。
まずは、Android標準の機能がどこに割り当てられているか探すのに一苦労。

ホームボタンと戻るボタン、メニューボタンをようやく発見。
あと、設定画面を表示するメニューも、ランチャーの一番右のメニューに発見。

ちなみに、メーカーのサイトや商品紹介サイトでは、各種エミュレータが搭載されている、とか、
ゲームが1つプリインストールされているとか書かれていたが、現状のモデルでは違うらしい。

プリインされているゲームは1つも無く、エミュレータも、
アーケード、SFC、PSP、DC、PS1だけである。

それ以外は、自分でインストールすることになる。

専用ランチャーなので、当然何も設定しなくても物理キー対応である。
物理キーはPS3ライク、XBOXライクから選択できるがデフォルトはXBOX。
PSでいうところの×ボタンの位置が決定だったりする。

まずは手持ちのPSP(自分が開発したゲーム)を実行してみる。
アクションゲーム(2D+3D)だが、30FPSで動作。すごいな。

そのままHDMIでTVに出力。
HDMIケーブルがクソなせいが、音が出ない。
が、大画面でプレイできるのは、なかなかいいな!

中華タブレットだが、現状、ハズレな部分が1つもなく、バッテリー持ちもそこそこ良い。
この状態で、数年持ってくれば完璧。

さて、BlazingStarもいれるか!
----

追記

検索エンジンのキーワードで、GPD XD の検索で飛んでくる人が多いので追記。

HDMI接続すると遅延が発生するのだが、その辺は、以下の記事も参照してください。

GPD XD レビューその2


GPD XD レビューその3

GPD XD レビューその4
[PR]
by miries | 2015-10-31 02:59 | ゲームで遊ぶ

Androidでアマゾン商品情報

昨日の続き。

昨日は、検索に成功したわけだが、アマゾンの商品IDで検索したので、
今日はまず、JANでの検索をテスト。

問題なく情報が取得できた。
というわけで、Androidへの組み込み開始。

開発は、AndroidStudioを使用しているが、外部ライブラリjarの設定も簡単で、
org.apache.commons.codec.binary.Base64
も、すんなり組み込むことができ、ビルドもOK。

で、実行してみたら、ぬるぽエラー。
またかよ…(汗

っていうか、端末のWiFiの接続設定してなかっただけだし!
ネット接続してなけりゃ、そりゃ取得できんわ。
(本当は、その辺りのエラーハンドリングもしないといけないのだが)

マニフェストファイルでインターネット接続のパーミッションも忘れずに追記。

なんと、これだけで、普通にAmazonから取得完了!
と、言いたいところだが、取得したデータに一部問題があった。

手元に転がっていた、3DSの戦国無双クロニクル3のJANコードで検索して、商品情報を取得した。
その結果、得られた商品価格は、6264円。
しかし、実際にアマゾンサイトで見ると、6000円だ。
参考価格が6264円で、0FF 264円になっている。

これはつまり、アマゾンとしては、6264円で売っているが、
サイトで表示したのは、たまたま「ジャストHIT」という販売店が売っていた商品というわけ。

うーむ、使いにくい(笑

まあ、今は、玩具程度の用途で使うので、正確な価格は必要ないのだが…。

さて、次は、得た商品名を、日本語読み上げ機能で、ボイス化することだな。
[PR]
by miries | 2015-04-21 02:45 | Android

カメラのシーンモード

開発用メインとして使用していたs5110bより、KEIANタブレットの方がカメラのエフェクト数が多かったので、開発機に切り替える。

カラーエフェクトに関して言えば、

F-10D:4個
s5110b:3個
KEIAN:6個

と、ドコモ端末より良い。
カメラもバック、フロントで2個ついているし。

で、カラーエフェクトの次にシーンを使い始めたのだが。
(晴れ、曇り、夕方、人物とか、撮影シーンを設定できるアレ)

KEIANの、バックカメラが、シーン対応0ってどういうことだよ。
フロントカメラは、auto、night って2つも対応してるやんけ。
[PR]
by miries | 2015-01-31 01:51 | Android

カメラのsetColorEffectの不具合の解決策

朗報です。

Androidのカメラアプリで、カラーエフェクトを変更後、元に戻すために、"none"を指定しても無視される、そして、アプリを終了しても保持される、という不具合の解決策を発見しました。

どうやら、カメラのプレビュー映像のフォーマットを合わせて設定すると直るようです。
ざっとこんな感じで、場合分け。

openがブログのセキュリティ上ダメって言われたので、全角にしてます。


public void setColorEffect(String effect) {

if ( effect != null ) {

if ( effect.equals(Camera.Parameters.EFFECT_NONE) ) {// エフェクトなしに戻す

if ( MANUFACT_KEIAN ) {//▼ 恵安タブレット

Camera.Parameters params = mCamera.getParameters();
params.setColorEffect( effect );
mCamera.setParameters(params);
// 追加で映像フォーマットを指定
params.setPreviewFormat( ImageFormat.NV21 );
mCamera.setParameters(params);

} else if ( TerminalState.isManufacturer(ParamCamera.MANUFACT_S5110B) ) {//▼ s5110b

// 解放⇒生成で直る
mCamera.close();
mCamera.OPEN(getHolder());
mCamera.startPreview();

} else {//▼ 一般端末

Camera.Parameters params = mCamera.getParameters();
params.setColorEffect( effect );
mCamera.setParameters(params);

}

} else {// エフェクトあり

Camera.Parameters params = mCamera.getParameters();
params.setColorEffect( effect );
mCamera.setParameters(params);

}

}

}

[PR]
by miries | 2015-01-30 15:19 | Android