タグ:android ( 37 ) タグの人気記事

EPSON BT-300買ったので、簡易レビュー

過去にも、ちょこちょこヘッドマウントは購入していたんですよ。

オリンパスのアイトレックが最後ですが、あれはTVチューナーがアナログなのを除けば、
今でもコンポジット入力で使えるのがすごい。
ヘッドホンが腐ったので、自分で付け替え作業しないといけないんだけど。
(サポートなんてとっくに終了してるし)

アイトレックは、正しくは、フェイスマウントディスプレイという名称だったんですが、
EPSONの BTシリーズはまさにその系統。
ただし、こっちは、シースルー。

この BT-300 が、ある意味完成形らしい。
まあ、3作目だから当然といえば当然だが、前モデルからの技術の進化の度合いが半端無い。

本当はオリンパスが当初発表していた、単眼のアイトレックが欲しかったんですけどね。
それに関してエプソンの開発者は、視野闘争がどうの~と書いていたが、
斜視っぽいので、そもそも片方の目で集中してみており、むしろ単眼がありがたいんだがね。

お値段も当時のアイトレックと同等なので、機能が進化している分、安いのかもしれない。
絶対値として、9万円は安くはないですが。

で、1~2時間程度使って見た感想と問題点を。
問題点は、解決できなかった場合、エプソンに問い合わせる予定。

思っていたより、明るく、視認性は良い
└ 量販店で、かなり長い間、視聴させて頂いた。
 (他にお客さんいなかったし)
 スクリーンは前モデルと全く同じサイズなので、やはり小さいんですが、
 密度が高くて、有機ELが明るいので、想像よりは、はるかに良いです。
 (購入する方は、必ず、デモを試した方が良いです!)

文字が小さい
└ ブラウザはピンチ操作で拡大できるので、なんとか読める。
 PCなら画面に近づけは大きく見えるわけで、それができないのはちょっとつらい。
 なので、Androidの設定画面で、フォント関連は、すべて最大にすることをお勧め。
 それでも、画面右上の時刻やアイコンは小さいままですが。

操作性は悪い
└ これは前モデルから言われていることですが、とにかく、コントロールパッドでの操作はほぼ無理。
 ノートPCのパネル操作になれていれば、近い操作感かもしれない。
 指二本でスクロールできるのですが、タイミングがずれると決定タップとして扱われるのも厳しい。

 これについては、今モデルも、BlueToothのキーボードをお勧めする。

 スティックPCのVivoStickのように、スマホをリモコンにするアプリとか作ればいいのに。

Youtube動画が見れない
└ 0.1秒ほど再生され、すぐに接続エラーが出る。
└ どうやら、ブラウザでは.FLVの動画が再生できないらしい。
└ 再生できない動画だった場合、最悪、それ以降ネット接続ができなくなり、どのサイトを見ても、404になる。
そうなったら、一度、WiFiをOFF⇒ON にすれば復活する。
└ BT-300の公式サイトのFAQが更新された(発売日に見たときは0件だったのだが…)。
 私が登録時に「Youtubeがみられない」と書いたからだろうか、その項目が追加されている。
 それによると、Youtubeの動画は、Moverio App Storeにある、360viewer for moverio で見るらしい。
 Moverio App Store は、BT-300の実機からしか登録できないので、登録前にキーボードなどの入力機器を用意しておかないと、メアドの入力で死ねる。

スタンバイモードのままにしておいたら、たまにヘッドホンのスイッチだけ入る
└ マイクなしの自分のヘッドホン差してたからかも。

Googleの認証に失敗する
└ GooglePlayがないので、当然、デフォルトブラウザしかない。
 このブラウザで Googleにログインしようとしたら、失敗する。
 二段階認証にしているからかもしれない。

周辺機器
└ USBワイアレスキーボードしか持っていなかったんですが、ドロイド君のUSBホストコネクタを通して接続したら、問題なく使えました。
 コントロールボックスの十字キーが全く役に立たないし、2フィンガーでのスクロールも最悪なので、キーボードでスクロールできるのは、非常にありがたい。
└ BlueToothのイヤホンを接続してみた。スマホと同じですぐに接続可能でした。

使えない機能がある
└ サイドを二回ノックするとミュートになる機能があるらしいが、全く機能しない。
 ミュートをOFFにできるらしいので、その機能が働いているのかと思ったが、そもそも、その切り替えメニューがない。
----
という感じ。
Youtube二間して、再度修正しました。


レビュー2もあるよ。(ミュートについて、他)
http://miries.exblog.jp/26423659/

レビュー3もできたよ。(自作アプリ転送とカメラ情報)
http://miries.exblog.jp/26435849/
[PR]
by miries | 2016-11-30 17:19 | レビュー

スマホ「nuu X4」

引き続き、今度はソフトウェアの面から、nuu X4を見てみる。

自作アプリを作成して、チェックしてみたら、
F-10Dのときには出なかったエラーが2つ、出るようになった。

1つは、

java.lang.Throwable: setStateLocked

というエラー。
この文章に続き、

android.view.accessibility.AccessibilityManager

に関するエラーが2~30行ほど表示される。
このエラーの特徴は、

・自分で try catch しても引っかからない
・エラーは表示されるが、プログラムの実行は停止しない

検索しても、日本語での解説ページは皆無。
英語サイトに、まったく同じ事例の投稿があったが、回答はなし。
こうすれば?という案があったが、全て試して、どれも解決にはならなかった。
試した解決方法は、以下の通り。

●該当エラーが出るのは、ActivityのonCreate()内で、

mGL = new GLSurfaceView( this );

としている箇所。
この this が原因とのことだが、これより前の部分で使用している this ではエラーは出ない。
この関数を無名関数で、別スレッドで実行すればOKという書き込みがあったが、
ほぼ同じエラーが出て、解決しなかった。

●ゲーム本体のActivityから起動するのではなく、
LoginActivityから起動するようにして、Intentを使って、ゲーム本体のActivityに切り替える。
この手段も、まったく効果なし。


プログラムの実行が停止するわけではないので、今のところ放置だが、いずれ解決したいものだ。


もう1つが、毎フレームログが表示されるというもの。
検索すると、このデバッグログは、画面が再描画されるときに、表示されるものらしい。
しかし、再描画しているところは一切無い。

というわけで、1行ずつチェックしてみたところ、問題の発生箇所を特定。

glClear();

いやいや、そこで出されると、もうどうしようもないんだが?
念のため、F-10Dで再度確認したが、ログは表示されない。

つまり、この2機種間に、何か違いがあるということだ。

考えられるのは、

・Android4.2 と Android5.1 という違いがあるので、glClear()の実装内容が変わった
・メーカーが、glClear()をカスタマイズしている

これぐらいか?
とにかく、これはもう解決のしようがないが、
秒間60行ものログを吐かれるとデバッグに支障をきたすので、
AndroidStudioのログフィルターにがんばってもらうしかないな…!
[PR]
by miries | 2016-11-28 09:42 | レビュー

スマホ「nuu X4」

前回のレビューで書いた解決できていない問題。

----
唯一解決できてない問題が、たまに来る、良くわからない通知。
https://spmode.ne.jp?DI=07
----

これだが、SMSのトリガーであるらしいことが分かった。
で、デフォルトで入っているSMSアプリの、WAP PUSHで調べたら、
以下のサイトにわかりやすい説明があった。

SMSトリガーとは何か調べてみた
http://www.hoge256.net/2010/04/509.html


6年前の記事だが、ドコモはSMSトリガーを結構使っているらしい。
試しに、Gmailで管理している、ドコモメール×2、GMail×1の3アドレスにメールを送ってみたが、
件の通知は来ないまま、メール受信したので、メールのPUSH通知ではなさそうである。

とりあえず、設定で、 WAP PUSHを無効にしてみた。
今後、この通知が表示されず、かつ、通常のSMSがじゅしんできるなら、これで設定は完了なんだが。

---- 追記

変な通知は来なくなった & 普通のSMSはきちんと届いた、ので、
WAP PUSHを無効にする、というのが正解のようね。

まあ、今後、必要なコマンドが届いたときにも無視することになるけど。

---- 追記2

メルカリで、ドコモケータイ払いがきちんとできた。
その辺りも問題ないようだ。
[PR]
by miries | 2016-11-21 15:14 | レビュー

スマホ「nuu x4」

秋葉で、nuu x4が1万円で売られているということで、早速買って来た。

ドコモ F-10Dも4年以上使って飽きたが、ちょうど良い機種がなく、
良いタイミングで面白い端末だったので、買って見た。

格安SIMに移行する準備として、SIMフリー端末を触っておきたかったので、
ドコモのmicroSIMが使えるこの端末は、まさにうってつけ。

というわけで、F-10Dを置き換えるのが目的なので、
比較しながら、実用面でのメリット/デメリットを列挙してみる。
以下、()内が、今のF-10Dのスペックだ。

・画面サイズ5.0インチ (4.8インチ)
・メモリ2GB (1GB)
・バッテリー 2250mA (1800mA)
└ 交換可能 (交換可能)
・CPU性能 AnTuTu 32000 (15000)
・カメラ 1300万画素 (1300万画素、同じだと!?)
・カメラ撮影機能/HDR対応
└ 他にもマルチアングル撮影もできる
・ワンセグ なし (あり)
・おさいふ なし (あり)
・ストラップホールなし (あり)
・厚さ 9mm (12mm)
└ ケースをつけると同じ 12mm
・Qi 非対応 (対応)
・FMラジオ 対応 (非対応)
・スライドランチャーアプリ なし(あり)

まあ、こんなところかな。

この中で、FMラジオにはちょっと注意が必要。
実は、対応している周波数を見ると、ワイドFMという帯域しかサポートしていない。
これは、AM放送をFM放送帯域で放送しているもので、
今は、ニッポン放送、文化放送、TBS、InterFMの4つしかない(関東地方)。
つまり、FMラジオといいつつ、内容はAMラジオなのである。

SIMについては、Amazonの商品説明にもあるけど、
メジャーなAPNがデフォルトで入っているというだけあって、
ドコモのSIMを挿しただけで、認識したのは便利すぎる。(JP DOCOMOと表示される)

ドコモのメールアプリ、CommuniCase に対応してなかったので、
仕方なく、GMail を使ってる。

画面は、たった0.2インチ大きくなっただけなのだが、その差がデカイ。
むしろデメリットになっているくらい、感じが違う。

とりあえず、Qiに対応すべく、Qiレシーバーを探しているのだが、microUSBのコネクタが、
通常とは逆の向き(ディスプレイ側が長い台形)なので、対応するレシーバーがほぼ無くてお手上げ状態。
(秋葉にも無い)

交換用の予備バッテリーも買ったけど、充電するためのマルチ充電器が欲しいが、
これもろくなものが無い。
この際、ちょっと高いが、電池からバッテリーまでなんでもOKのやつを買うか。

唯一解決できてない問題が、たまに来る、良くわからない通知。

https://spmode.ne.jp?DI=07

というのだが、ググっても、ドコモのサポートに聞けや!
という回答しかない。

ので、聞いて解決したら、ここで報告するわ。

…でもドコモショップって、待ち時間長いんだよなぁ。
[PR]
by miries | 2016-11-21 01:06 | レビュー

GLSurfaceViewを使って見る(3)

ゲームの演出に必要なので、テクスチャを回転してみる。

ポリゴンの回転は普通にできたのだが、それにテクスチャを張って回転すると、
全く予想できない図になってしまった。

縦長の画像を張って回転したのだが、90°回転させたら、
微妙なゆがみが生じたのだ。

これは、おそらく、ディスプレイのアスペクト比の問題だろう。
OpenGL系では、座標はピクセル単位ではない。

F-10Dのディスプレイサイズは、720x1280 だが、
-1.0~1.0 という数値で指定するのだ。

というわけで、ソレを考慮して、回転させると、90°でも、ゆがまずに回転した。
…のだが!

縦長のテクスチャというのは、128x512 というサイズの画像を使用したのだ。

ところが、他のサイトを見ていたら、こういう一文が載っていた。

「OpenGL ESでは、正方形の画像データしかテクスチャマッピングの元画像として受け入れてくれない。」


えぇ!?
表示できましたけども…!?

これは機種依存なのか…。
[PR]
by miries | 2016-10-23 16:36 | ゲームを作る

GLSurfaceViewを使って見る(2)

私が使用しているスマホが、4年前のF-10Dなので、
OpenGL ES 1.0 にしか対応していない。

今時、1.0で作るのもどうか。
試しに作っているだけではあるが、ソースコードに、

GL10

という記述をしているため、あとでバージョンを上げると、この辺りを全部差し替える作業が発生するし…。

などと思いつつ、背景部分の移植完了。
背景は、良く使う手として、小さい画像をタイル状に敷き詰めて、スクロールさせている。

Canvasを用いた描画では、画像を何枚も並べて描画していたが、
GLを用いると、1枚のポリゴンに、UVを設定するだけでいける。

具体的には、u = 0.0 ~ 1.0 とすれば、1枚分が表示されるが、
u = 0.0 ~ 5.0 にすれば、5枚分になるわけだ。

ところが、実際にやってみると、パターンが細かい画像を使用したので気づいたのだが、
フルスクリーンのうち、数か所がたまにちらついて見える。

これは…いわゆる、ダブルバッファを使わないといけない案件なのでは。
しかし、OpenGL ES1.0には、フレームバッファはなく、
1.1のextensionを使わないといけないらしい。

しかも extensionだから、どの端末でも実装されているという保証はない。
いやまあ、今1.0で作ってるのが悪いんだけどさ。

ところが、だ。
テストを重ねると、どうやら、描画が追い付かずにちらついているわけではないらしい。

スクロールさせるために、uvをそれぞれ、0~1の範囲で動かしているわけだが、

u= 0.184f;
v = 0.816f;

と設定すると、描画が崩れている。
これは…単なる float誤差!?
しかも、全体の一部の描画のときだけ??


めんどくさいのきたー。
[PR]
by miries | 2016-10-20 16:35 | ゲームを作る

Android Studioバージョンアップ

ちょいと時間ができたので、またもや AndroidStudioのバージョンアップ。

前回、1.x ⇒ 2.0 のメジャーアップデートだったので、直接更新ができず、
ファイルをダウンロードしてからの更新だった。

今回は、別PCなので、やっぱりメジャーアップデートなのだが、最新Verが、2.2に上がっていた。
同じくファイルで更新して、前回の設定をインポートしたら、難なくプロジェクトは移行完了。

だが、ビルドは問題なくできたのに、実機に転送しようとしたらエラー。

Instant Run requires 'Tools | Android | Enable ADB integration'

こんなエラーがポップアップで表示され、コンソールにも出力されている。
何やら、権限が必要なようだが…。

って、"Tools | Android | Enable ADB integration" これがちゃんとメニューバーを表していたのね。
その通りにメニューを開いていくと、Enable ADB integration て項目がありましたわ。

しかし、同列の他のメニューは全部アイコン方式なのに、なんでこのメニューだけチェックボックス?
----
ついでに、自宅のもバージョンアップして、2.2にしてみた。

最初からチェックボックスが付いてるみたいだけど。
いつチェックしたんだろ。
[PR]
by miries | 2016-09-23 13:03 | ゲームを作る

gmail設定 with communi case

親からメールが来た。
Windows10のアップグレードを拒否するように私がアドバイスしていたのだが、
つい最近、作業中に勝手にアップデートが開始されたとのこと。

そのまま使っているが、なんとか使えるようになってきたらしい。
実際、メールが送られて来たから、大丈夫なんだろうが、70歳超えてて、対応力あるな。
もっとも、それでも更新を止められなかった、マイクロソフトのクソ戦略もどうかと思うが。

私のメインマシンは絶対に更新できないので、即アップデーターを削除している。
これで更新されたら、マイクロソフトに損害賠償として、数百万円は請求できる案件だ。

というのはさておき。
親の対応力を聞いたので、私も保留にしていた作業をすることにした。

それが、ドコモ端末に入れてある、CommuniCase というドコモ純正のメールアプリに、
Gmailアカウントを設定することだ。

そもそもドコモメールとCommuniCaseという2つのアプリを入れており、1通のメールが両方に届くと言う謎設定にしてあったので、アカウントが追加できないドコモメールをアンインストール。
削除する前に確認したが、受信メールだけでなく、送信メールも、両方のアプリで、共有化されていた。

さすがimap。

さて、Gmailだが、CommuniCaseでパスワードエラーがでるのだが、以前調べたので、原因は分かっている。
Googleの2段階認証というのに引っかかっているらしいのだ。

というわけで、早速Googleにログインしてみる。
さっきCommuniCaseからのログインに失敗したため、警告のメールが来ている。

その辺を眺めつつ、2段階認証の項目を探しまくって、ようやく見つける。
まずは、2段階認証自体をONにしなければならない。

そのためのパスワードがハングアウトメッセージで送られてくる、とのことだが。
実際送られて来た再、相手の名前が数字(11桁)だったので、ソレをそのまま使うものだと思ったが、それが罠。
実際はメッセージ内に6桁の数字があった。

次に、アプリごとにパスワードを発行するのだが、
端末名とアプリ名を入力されられたが、これは自分が区別するためのモノらしい。

その後、パスワード(16桁英字)が表示されるのだが、
発行後に最初にアクセスしてきたアプリに対してのみ有効ってことのようだ。

このパスワードをCommuniCaseに入力すると、無事に受信サーバーの設定が完了。
その際に、もう1度パスワードが送られてきたのだが、
それはなぜか、相手の名前が、Google になっていた。

最初からそうしとけよ(-_-メ

しかも受信に成功した後、Gmailから使い方のヒントメールが来たのだが、
内部にある詳細設定へのリンクをクリックしたら、まさかの 404 NotFound。
ありえねぇww

また、これは Googleのせいではないが、2段階認証の16文字の英字が表示された際、
1度しか使わないという旨のメッセージが表示される。
だから、覚えなくていいよってことなんだろうが、CommuniCaseの設定で入力した後、
実際にメール受信すると、再度入力を要求される。

いやー、中々に面倒な設定だった。
しかも無駄に Gmailを登録に使用しているので、(赤札天国とか!)
むしろ受信メールが増えて面倒な気がする。

とはいえ、これで、SIMフリー端末への第一歩が踏み出せたわけだ。
[PR]
by miries | 2016-06-04 22:23 | デジタル系

Poraroid rainbow padについて

先日購入した子供用タブレットの Polaroid Rainbow padですが。

miniUSBに対応した、OTGホストケーブルが届いたので、早速レビュー第二弾。

購入したのは、先日も書いたコレ↓
変換名人 miniUSBホストケーブル 339円


こういうのは秋葉で買っていたんだけど、全然売ってなかったのよね、、。
探し方が悪い or 売り切れてただけかもしれないが。

さて、これを何に使うかというと、USB接続のバーコードリーダーに接続するわけです。
自作したAndroidアプリで、バーコードを読み取り、その商品をAmazonで検索し、
商品名、画像、値段を表示して、テキスト読み上げ機能で音声を出す。

子供用のリアルレジスターごっこ用アプリなのだが、
元々は、先日壊れた、KEIANタブレット用だったのだが、遊びすぎてUSBコネクタがぶっ壊れたので代用というわけです。

これでOTGケーブルはOKですが、そもそもPCと接続テストをしていなかった。
USBデバッグモードで接続するも、やはりドライバーはインストールされず。

Polaroidの公式サイトにもそれっぽいものはないし、お問い合わせしても答え来るか分からないしなー。

というわけで、前回の colorflyと全く同じ手順で、試しに追加してみたら…。
問題なくインストール完了&AndroidStudioからの実機認識もOK!
万能だな!このドライバー(笑
[PR]
by miries | 2016-01-09 21:23 | デジタル系

Android Studio Ver2

あけましておめでとうございます。

昨年末は、赤札天国のクリスマスBOXのレビューで、アクセス数が増えてましたが(笑
今年は、プログラムに関することでアクセス数が増えるといいなあ。

さて、放置している間に更新されていた、AndroidStudioをアップデートしてみました。
使い勝手は、今後見ていくとして…。

今日は、赤札天国で手に入れた、Colorfly G708の接続を試みる。
USBデバッグをONにしても、やはりドライバーがインストールできず、不明なデバイス扱いに。
(ADB Interface が見つからないというエラー)

検索してもドライバーらしきものは見当たらない。
なので、こちらを参考にさせてもらいました。

「Colorfly G808 3G」の内部ストレージ領域を任意に拡大
http://plaza.rakuten.co.jp/jashi/diary/201412120000/


領域を拡大する必要はないので、/Driver だけ利用させてもらいました。
この記事は、G808についてなので、G708の情報は、自分で追加しなくてはなりません。

ところで、android_winusb.inf に追加するための情報ってどこにあるんだ?
⇒デバイスマネージャーで参照することができました。

b0163324_11433273.jpg


そのまんまの情報がありますね。
これを追加記述することで、無事、インストールでき、Android Studioから、自作アプリを転送することができました。

準備完了!
さて、何を作りますかね。
[PR]
by miries | 2016-01-01 11:45 | ゲームを作る