やっぱり中華パッドはダメっすなぁ。

赤札天国のクリスマスタブBOXで購入した

 Colorfly G708 クアッドコア(1.3GHz) GPS搭載 IPS液晶 BT搭載 Android5.1

このタブレットをそろそろ活用しようと、色々いじってみる。
問題は、音が鳴るときのプチノイズ。

これがとにかく音量がデカイ。
間違ってキー操作音をONにすると、えらいことになる。
(音の再生前と再生後の2回鳴るため、キー操作音も聞こえないという)

このプチノイズを消す方法はないのか?

音量を0にしても、アプリ等で、SEを再生すると、なぜか音量が復活する。
なので当然プチノイズ。

本体スピーカーの性能かも知れないので、ヘッドホンをつないでみた。

…プチノイズが聞こえる!
しかも本体から!

って、ヘッドホン差しても、本体から音聞こえるやん!!
もちろんヘッドホンからも音が聞こえる。

これはアカンやつや…。

最後、だめもとで、Bluetoothヘッドホンを繋ぐ。
おお、本体からの音が消えた!
ヘッドホンからもプチノイズが聞こえてこない!

というわけで、何でもいいので、Bluetoothスピーカーを繋げばいいということが判明。

…だが。
そもそも、このタブレット、音関係が弱いらしい。

自作アプリで試しているのだが、ボタン操作音などが、安定して再生されない。
ピアノアプリのようなものは、聞こえたり聞こえなかったりを繰り返す。

短い音の再生だけが弱いのかもしれないが、ゲームでは致命的だな。

ドット抜けや、ゴーストタップのようなものは経験したが、
まさか音でここまで悩まされるとは。

IPS液晶で一見良さそうだが、自作アプリで調べると、
フレームレートが、41.08fps だったので、性能も微妙だね。

やっぱり中華タブレットは、数千円超えたら、買わないほうがいいな(苦笑
[PR]
# by miries | 2016-05-06 01:01 | ゲームを作る

vivo stickレビュー

スティックPCとして、最近発売された vivo stickを購入したのでレビューだ。

vivo stickは、ASUSから発売されたスティックPCだが、去年の発表当時から、
デザインが良かったので、購入を検討していた機器。

他には、キーボードPCも同価格だったので、検討していたのだが。
(もちろん、MSX型というのがポイント)

HDMI接続のTVに差して、電源用USBを接続するだけで、本当に使用できた。
当たり前だけど、予想以上に簡単だった。

ただ、起動までに1分程度掛かるのと、起動直後は、何か良からぬ信号が出ているらしく、
TV画面に「読み取れない信号が入力されています」的なメッセージが表示された。

しばらくして、正常な信号になったらしく、Windows10の初期設定画面が表示された。
自宅メインPCのWindows7の起動も50秒程度かかるから、普通と言えば普通だけど、
もうちょっと早いのを期待していた感はある。

設定するのに、有線マウスと無線USBを繋いだが、これまた問題なく接続。
(後日、USB1つで無線マウス&無線キーボードの接続も出来た)

無線LANの設定もして、ブラウジングも Microsoft Edge で確認。
たまにキーボード入力してから画面に反映されるまで、数秒かかったりする、引っ掛かりが発生したのだが、何が原因か不明。

また、液晶TVに接続したためか、Windows10のフォントが潰れて読めなかったので、システムフォント変更ツールを入れて、メイリオに設定。

後日、PC用液晶モニタに接続したら、綺麗に見えたので、TVによる影響が大きいと思われる。
(GPD XDでも、音声が聞こえなかったTVだし。)

デザインの最大の特徴である、端子キャップは、使用時に反対側に付けることが可能。
反対側は電源ボタンなんだが、キャップをつけた状態でボタンが押せるようになっており、
LEDもキチンと見えるようになっていた。

機能的には、スマホでリモート操作ができるという点に注目していたのだが、
ちと期待はずれだった。

操作はできるのだが、スマホでvivoを操作するのではなく、
vivoに接続されたマウス&キーボードを操作する感じなので、
やっぱりマウスとキーボードは接続してないとダメっぽい。

別の設定があるのだろうか。
スマホのミラーリング機能は試してないけど、これで完全に chromecastは不要になったな…。

さて、問題はこれを何に使うか、なのだが。
まずはプログラムの基本となるテキストエディタでもインストールするかね。

もう残り容量が20GB切ってるし、色々選択しないと(苦笑
[PR]
# by miries | 2016-04-18 23:34 | デジタル系

パーツ敷き詰めテクスチャ生成、アルゴリズム改

2Dの小さい画像をたくさん組み合わせて、1つのキャラを作って動かす方式を、
多関節キャラと呼んだりするが、昔からある、メジャーなアニメーション手段だ。
 
昔のハードは、2Dと言えば、スプライト。
多関節キャラもスプライトをいくつも重ねて作られている。

現在のハードは、スプライトなどなく、ほぼすべてOpenGL系のポリゴンハードだ。
なので、

 パワーアップきのこ <> 1UP きのこ

のように、パレットだけ変えて使いまわす、などはできない。
多関節キャラもポリゴンを重ねて表現するしかない。

なので効率よくするため、それぞれの構成パーツ画像を1つの画像にまとめて、
1枚のテクスチャにしている。
メモリに余裕があるハードなら、各パーツばらばらのまま突っ込んでも良いんだろうケドね。

(通常、テクスチャは、2の乗数のサイズにしなければならないので、33x18 なんてサイズのパーツがあったら、64x32 にまで大きくしなければならず、無駄が多い)

そこで、敷き詰めの効率をあげるためのアルゴリズムが必要になるわけだ。
といっても、それ自体は大したことなくて、パーツを大きい順にソートして、端から配置するだけで、
それなりに綺麗に詰められるのだ。

だがしかし、もちろん落とし穴がある。
単純に敷き詰めるだけではだめなのだ。

1枚のテクスチャにした後、パーツ画像として表示するには、切り抜いて表示する。
その際、切り抜く矩形の周囲にドットがあると、バイリニアフィルタの補完で巻き込まれて、ゴミがでるのだ。
これまた昔からの習慣ではあるのだが、パーツ間は、1ドットの空白を空ける、というのが鉄則。

で、これらを踏まえて、パーツを敷き詰めるコンバーターを作成し、それなりのテクスチャが出来たので満足していたのだが。

パーツ間に異様な空白が空いているものが、多々見つかるようになった。
ツールの不具合ではない。

パーツ画像そのものに空白が含まれていたのだ。
酷いものになると、半分以上の面積が空白なものもあった。

無駄が目立つようになったので、さらにアルゴリズムを大改造!
パーツ内部の空白を他のパーツと共有化し、詰める!

ついでにスピードのボトルネックも解消しておいた。

久々に、結果に感動できたプログラミングだった。
[PR]
# by miries | 2016-03-18 23:52 | ゲームを作る

Windowsって本当に使い物にならねぇよな。

購入した状態で使用しているが、基本、自分でインストールするものやデータは、
Cドライブ以外に入れている。

それでも最近、Cドライブの空き容量が少ないと警告が出るようになった。
だがしかし。
自分でそういう警告を出しておきながら、WindowsUpdateのファイルを
Cドライブにダウンロードするものだから、容量がなくなり、何もできなくなる。

なぜ、いっぱい空いているDドライブにダウンロードするようにしないんだ?
自分でCドライブは容量が少ないって警告だしてんだろ。

仕方がないので、Cドライブから6GBも占有している、pagefile.sys を削除することにした。
Dドライブが空いてるんだから、そっちに変更すれば何も問題がない。

はずなのだが。

Cドライブを「ページングファイルなし」に設定しても、6GBのファイルがなくならない。
ファイルを使わなくなっただけで、今あるファイルを削除しないんだぜ?
クソ過ぎるだろ。

仕方がないので、最低の16MBに設定してやると、ようやく pagefile.sys が16MBになった。
使わないってんのによ。
[PR]
# by miries | 2016-02-07 22:51 | デジタル系

妖怪ウォッチ ぷにぷにはクソだな。

去年11月末くらいから始めたスマホアプリの妖怪ウォッチぷにぷにだが、
バグでフリーズばかり。

とにかくゲームの途中でアプリが落ちまくる。
それでもイベントをある程度進めたのだが、ある日突然オープニングムービーがスキップできなくなった。

セーブデータが消えてしまったらしく、初回プレイと判定されたためと、
スタート画面で分かった。

ネットで調べると、とにかく消えまくるらしい。

GooglePlayのコメントにもその旨が大量に書き込まれている。
運営にメールしても無視されるので、コメントに書き込んでいるとのことだが、
まさかそんなことはあるまい。

そもそもアプリ強制終了しまくりのせいでデータが消えたわけで。
Webのお問い合わせにメールしてみる。
データが消えたため、アプリからお問い合わせできないからだ。

しばらくしたら、返事が来たのだが、その内容が、
「アプリのお問い合わせから再度メールしなおせ」
という。
アプリからお問い合わせするためには、ある程度ゲームを進めなければならない。
データが消えたのに。なんというクソ仕様。

それでも、なんとか進めてお問い合わせしようとしたのだが。
アプリのお問い合わせは、WebViewのフォームが開くタイプ。
しかもなぜか、コピペが禁止されている!

このクソ仕様のお問い合わせで、
お問い合わせ番号と、持っていた妖怪を書いて送れとか、もうね。

それでも消えたら困るレアな妖怪を中心に書いて送ったのだが。
まったくもって音沙汰なし。

一週間後。ようやくメールが来たと思ったら、
これから調査するけど、しばらく時間がかかるんで」
的な内容。

一週間掛けてこれから調べるってお知らせのみ!?

で。

それから一ヶ月経っても何にも無い
GooglePlayのコメントは本当だったわけだ。

頭に来て、再度Webからお問い合わせ。(アプリ起動する気も起きんわ。)
「返事をすると言ってから、一ヶ月も経ってるが、どれだけ時間かかるんだ」と。

そしたら、数日後に返事が。
初回に来たメールと、担当者の名前が変わっていたが、
「ようやくデータが特定できたので復旧させます」
だと。

なんだ、この蕎麦屋の出前のようなクソ対応は。
絶対忘れてたろ。初回の担当が放置してたんか?

復旧させるには、所定の手続き後、運営に連絡したのち、作業するそうな。
というわけで、こっちも一ヶ月待たせた上で、連絡してやるわ。

こんなクソアプリどうでもいいし。
[PR]
# by miries | 2016-01-30 21:59 | ゲームで遊ぶ

パズルが届いた!

フリマアプリで購入した、ロンポス84Tが届いたよ!
 
新品だと1万円超えるので、気にはなっていたんだけど、手が出なかったんだよね。
それが、ものすごく手ごろな値段で出品されていたので、即購入手続き。

パズルのパーツがそろっているのはもちろん、
この手のパズルの命とも言える、問題集も付いていて、大満足。
箱も、エンボス加工されてて、テンション上がったわ!

↓こっちのロンポスパズルは、10年以上前に買って、いまだにちくちく遊んでる。



ちなみに、問題は、

ロンポス公式無料問題集サイト
http://www.lonpos.cc/jp/freeQuestionLab.php


で毎週新作が公開されるので、困ることはないはず!
[PR]
# by miries | 2016-01-25 23:45 | ゲームで遊ぶ

ガンダム エクストリームバーサスフォース

PSVitaの最新ガンダムゲーム。

色々な要因で、クソゲー扱いされているのだが、店頭のPVを見る限り、面白そうである。
去年12月中旬に発売になったんだが、クソゲーの噂から、半額になってさらに話題となる。

正月のセール時に、自宅付近のGEOでは、2999円+税と、確かに半額以下になっているのは確認したが、会社近くのGEOでは5800円というように、同じ系列の店でも大幅に値段が異なるという状況。

ところが、本日とうとうそのGEOで、新品が1999円+税となってしまい、
さらにパッケージが大量にならんでいたので、買ってしまった。

ガンダムゲーは、PS2のガンダム無双以来である。

で、プレイした感想は…面白いじゃん!
特に複数の部隊で戦う、FORCEモード。

プレイヤー以外の部隊で拠点を固めておき、プレイヤーが拠点を落としまくる、
面倒なら逆に、他の部隊にまかせっきりで、自分は適当に、とかできるし。

これはしばらく楽しめそう!

私視点で、あえてクソな部分を上げるとすれば…

・部隊編成時に、選択できるMSが分かりにくい。
 選択後に、CAUTION と表示されても。
・各ステージに3つずつミッションが用意されているが、いきなり1ステージ目から、
 シャアザク相手に「ノーダメージで倒せ」とか難易度が高い。

とかだろうか。
ゲーム中のBGMもちゃんとアニメ版の曲が使われてるのでいいわぁ。

あと、なんか声が違くね?
[PR]
# by miries | 2016-01-14 03:05 | ゲームで遊ぶ

AIPOのバージョンアップ

会社で使用しているグループウェアのバージョンがめっちゃ古かったので、
最新バージョンにアップグレードされた。

それ自体はいいとして。

みんな新しい機能とかに感心ないのかね?

今風に、いいね、とかのボタンも付いてるし、タイムラインとか色々機能増えているんだから、
試してみたくね?
色々試すのって最初しかできないよ!

私はすぐに、テスト投稿とか、テストいいね!とかやってみたんだが、
反応して、いいね返しをしてくれたのは、一人だけ。

こういうのが好きなタイプの人だから分かるんだけど、他はまったく無反応ってのが寂しい。

もっと楽しもうぜ。
[PR]
# by miries | 2016-01-13 08:01 | デジタル系