カテゴリ:デジタル系( 141 )

F-10D関連。

今日、秋葉原をうろついていたら、中古携帯ショップが増えていたので覗いてみた。
2012年夏モデル(7月)の、F-10Dは、23000~26000だった。
傷やらは確認していないが、思ったより安いな。

定価だと88000円くらいで、色々な割引を合わせて30000円くらい引いてもらった気がする。
これで、58000円。
あとは、月々サポートで、2400円/月くらい貰ってるはずなので、
2400×24 = 57600円引き。

結局、タダみたいなもんか。

スマフォは、ポケットに入れたりしてると落としそうになるので、
ネックストラップを使用している。
お気に入りは、 HAND LINKER シリーズなのだが、
2年使った初代(シルバー)が壊れたので、今日、レッドカラーを買って来た。
初代のリングストラップは健在なので、SH-03Cに取り付けて、
気分で切り替えられるようにしてみた。

…あまり意味はないが。
[PR]
by miries | 2013-01-02 22:19 | デジタル系

あけましておめでとうございます。

正月から、ゲーム作ってる人は何人くらい居るのだろうか…。
ソーシャルな方々は、更新などのグッドタイミングで死んでいるのではないですかな(´ー`)

今年も例年以上に色々作っていくつもりだけど、
今作ってるAndroidアプリは、まだあと2ヶ月以上かかりそうだなぁ。

発表できる日が来ることを祈りつつ、作ってますよ。

それはそうと、この時期…とある作業をしないといけないんです。

個人サイトをオリジナルドメインで運営しているんですが、
ドメイン更新が正月ごろなんです(笑

まぁ個人サイトだし、どうでもいいわーとか考えていたら、
某ゲームの公式サイトコピーを置いているおかげで、結構な被リンクがあって、
それがリンク切れになるんですね。

過去に更新をサボった際に、「公式サイトがなくなった」と騒がれていたようで…。
今後はできるだけ切れないないようにしますんで、
今後もよろしくお願いしますねー。
[PR]
by miries | 2013-01-01 23:55 | デジタル系

レスポンシブルWebデザイン

最近、Webページのデザインで、レスポンシブルが流行っているということで、
早速自分でもテストすることにした。

色々なところに、ショーケースがあるので、それを眺めていたら、
想像以上にブラウザサイズに合わされていて驚愕。

こんなのどうやってデザインするんだよ…と思っていたら、
MediaQuery というのを使えば、一発でできるんだね。

MediaQueryの役割は、ブラウザサイズ(デバイスサイズでも可)によって、
使用するスタイルシートを分岐できる、というもの。

この分岐が、JavaScriptを使わなくても、
リアルタイムに変更されるのが素晴らしい。

ブラウザサイズに合わせて、ロゴなどの画像のサイズを変化させているページもある。
それらがどうやっているかは正確には見ていないが、
自分のテストでは、background-image の切り替えで簡単にできた。

仮に、ブラウザサイズを6段階判別するようにして、
それぞれに画像を割り当ててみた。

アクセスログを見ると、まず、ブラウザサイズにより分岐した、
最初の画像が読み込まれるのみ。

ブラウザサイズを変更すると、それに合わせた画像が読み込まれ、
元のサイズに戻しても読み込みは発生しない。

これは良いね。
スマフォとか回線が遅い端末にもぴったりだ。

JavaScriptやPHPなんかを使わなくても、インタラクティブなページが
こんなに簡単に作れるようになっていたとは。
[PR]
by miries | 2012-12-11 19:18 | デジタル系

Webサイト制作

実に10年ぶりくらいにWebサイトを制作中。
(自分のサイトは更新してなないのにね。)

今はもうJavaScript使いまくりのサイトが多くて、危険なんて認識がないのな。
jQueryとかもバンバン使いまくりで。

仕方が無いので、自分でも使いまくりで作っているが、
確かにjQueryは色々そろって便利ではある。

が、やっぱり、JavaScriptがOFFな人のページも作らないわけには
いかないよな。

JavaScriptを使わずにCSSだけでタブビューを実現する、とか
こういうのいいよな。
角丸の矩形とかも楽にできるようになってるし、CSSのほうがもっと進化して欲しいわー。
[PR]
by miries | 2012-11-10 10:35 | デジタル系

いらねぇぇぇl!!!

以前、ここでも書いたが、プログラムを書くのに MIFESを使用しており、
Ver9.0の充実っぷりに涙しつつ、ダウンロード版を即買いしたわけだが。

Ver9.1のベータ版の案内が送られてきたわけですよ。
それはもう期待して内容をみたんですが。

----
・Twitterに投稿
MIFESで編集中の文字列をツイートする機能です。

・Facebookに投稿
MIFESで編集中の文字列をFacebookに投稿する機能です。
----

なんですか、これは。
高度なコードを書くテキストエディタで、その内容をワールドワイドで公開させる機能ですと?

公開しても問題ないような内容で、高い金出して買ったエディタで書くものって何よ。

情報漏えいにつながる場面しか思いつかんわ。
複数のアカウントに対応とも書いているが、それも誤爆を狙ってるとしか思えん。

このパワーダウン感がはんぱねぇ。

そもそも、TwitterやFacebookが来年も続いていると?
テキストエディタが、そんな外部に依存した機能充実させてんじゃねえよ。

編集に必要な機能でまだ実装してねぇのがあるだろ。


というわけで、要望フォームから送っておいたが、
今のままじゃ、次はねぇな。
[PR]
by miries | 2012-10-31 01:06 | デジタル系

surfaceViewの不具合?

Androidでカメラアプリを作ったわけですが、原因不明のバグに襲われている。
これだけ先人がいるのに、同じ不具合がググっても出てこないのは、
私が、よほど、アホな作りをしているということか…?

というわけで、誰かヘルプ。
↓以下、その現象。

----
SurfaceViewを2枚重ねて表示している。
下層がカメラのプレビュー、上層をGUIの描画に使用している。
タッチの処理などは、上層で処理。

上層で、カメラのプレビューをOFFにできる機能をつけている。
異なるVIEWからの操作が色々と面倒なので、
上層で、プレビューOFFにされたら、Activityから、
下層のsurfaceView自体を、
setVisibiliry(View.INVISIBLE);
で不可視にしている。

上層⇒Activityもスレッドが異なるため、handlerを使用している。
可視/不可視を処理するメソッドが、これだ。
----

public void setCameraPreview(boolean f) {
if ( f ) {
sv2.setVisibility(SurfaceView.VISIBLE);
} else {
sv2.setVisibility(SurfaceView.INVISIBLE);
}
Log.d("APP LOG", "F:"+ f);
}

----

で、これが問題なく動作するのだ(おいおい
じゃあ何が問題なんだよ、と言うと、だな。

一度「バックキー」などで、アプリを終了させたあと、もう一度起動すると、
このプレビュー切り替えが動作しなくなるのだ。

注目すべきは、処理スレッドのログ。
きちんと、true,falseが表示されているのだ。
つまり、ココの処理までは来ているということだ。

初期プレビューは表示されているため、
再起動時のsurfaceView sv2の初期化に失敗しているというわけでもなさそうだ。
setVisibility()メソッドが、何らかの理由で反応しないのだ。

ホームキーやバックキーでアプリを終了した際、完全に終了するわけではなく、
プロセスは残っている。
このプロセスを殺してから、再起動すると、プレビューは正常に切り替えられる。

いわゆるサスペンド状態のときに、何か不具合を起こしているのだろう。
一日潰したが原因が分からないので、
面倒でパスしてた、異なるViewからの操作で、直接camera.stopPreview();を呼び出しをやってみるわ。
[PR]
by miries | 2012-09-28 12:05 | デジタル系

F-10Dのドット抜け

ドコモショップで、ドット抜けについて聞いてきた。

以下、ドコモショップによって対応が異なるかもしれないので、
違っても店員に詰め寄らないように。

発売日に購入したF-10Dにドット抜け(赤い点)が見つかったわけだが、
保障外のことが多いので、ダメもとで聞いてみたら、
補償対象内と言われました!

やったね。

確認が取れれば、本体の故障扱いで、修理か交換になるらしい。
でもね…。

ドコモショップの照明が明るすぎて、ドット抜けが確認できなかったの…orz
よし、そうと分かれば、今度はドット抜け確認用の壁紙を作って持っていくぞー。

ちなみに修理になると、バックアップとか色々面倒なので、
データが少ない、使い始めた今の方が良いだろう。
[PR]
by miries | 2012-09-27 14:01 | デジタル系

バックアップはきちんとネ

約10年前にバックアップしておいたツールを引っ張り出してきた。

この頃から、開発に必要なツールは全てJavaで作るようにしていたので、
今でも動く。

他人が作ったツールも合わせて使用しているのだが、
そっちは、最新のWindowsでは動かなかった。
64bitに対応していないか、Windows7に合わないのだろう。

私のJava製は問題なく動く。動くことは動くのだが…。

ツールと変換前データをバックアップから拾ってきて、
変換を実行してみると、ぬるぽエラー。

おいおい、どうなってんだ?

フォルダ構成を見直して、状況を把握してみた。
どうやら、完成した一式を別のフォルダに保存しておき、
新たなる実験を始めたところで、バックアップをしたようだ。

オリジナル一式を発掘して実行すると、問題なく変換データが完成した。
当時変換したデータもそのまま残っていたので、
今回変換したデータとバイト単位で比較して、差異なし。

これでこの変換ツールをまた使用することができるわけだが、
変な保存方法するんじゃねーよ>過去の自分

もっとも、このツールがまた日の目を見ることになるとは、
全く思ってなかったがね。
[PR]
by miries | 2012-09-23 01:18 | デジタル系

リンクから来た皆様!

来ていただきありがとうございます!(^^)
こちらが、ラターシュのブログなのです。

サイトを全然更新してないので、
死んだと思われている方も居るんじゃないかと…(苦笑)

日々のことをテキトーに書くのは、やっぱりブログの方が楽なわけで。
自分のサイトの奴は自作なので、使いやすいように作ってはあるんですが、
機能的には専門サイトに勝てるわけも無く。

しかし、気づいたら3年以上も、こっちで書いているとは早いものだ。


こちらなら私も確認回数が多いし、
レスもつけられるということで、リンクを貼ってみました。

本サイトは、ブログに置けない作品の公開サイトという位置づけで、
今後も継続します。

今趣味のプログラムとしては、アンドロイドでアプリ作ってます。
Google Play通すと面倒だし、apk直ダウンロードとかやってみるかな…。

制作中のアプリは、完成するかどうかわかりませんが、
(完成するとしても、あと3ヶ月はかかる)
完成したら、本サイトは、その宣伝のために一新されるでしょう(笑)

というわけで、今後ともよろしく。
[PR]
by miries | 2012-09-20 03:55 | デジタル系

ゲームショウかあ。

行こうと思えば行けるのだが、今回は保留。

ゲームショウに限らず、最近はこの手(?)のイベントにはあまり行かないようになった。

雰囲気を楽しんだり、グッズをもらえたりする分には最高なのだが、
(特に、ゲーム専門学校の作品は面白い)
純粋に、モノが好きな身としては、全く面白くない。


各社、これから発売“予定”のものを宣伝するわけだが、
私は実物で遊びたいのであって、発売していただき、それで遊べればそれでいい。
というか、確実にだせ。

参考出展とか、期待だけのやつは死ね。


…2002年のおもちゃショーでバンダイから参考出展されたフェアリウム、
いまだに待っているんだが、いつ発売されるのかね?

同時に、腕時計から立体の女の子が表示されるアイテムの
コンセプト画像が参考出展されてたけど、そっちはどうかね。

2010年に参考出展されたオリンパスのARウォーカー。
モバイル向けの単眼HMDだが、いつ発売かね?
名前を変えて今年の6月に、株主向けに開発した!なんて発表してたけど。
御託はいいから、発売しろ。
Googleのやつより、はるかに期待してんだぞ>eye-trekユーザー


ゲーム系でいうなら、
ワンダースワンのFF3やプリンセスメーカーはいつ発売かね?
あと、xboxの TLFオンラインはどうかね>レベルファイブ


とまぁ、ゲームに限らず、参考出展の期待に裏切られた回数が多くてね。
行かなくなたわけですよ。
交通費もそれなりにかかるし、その分、3DSなどのDL販売買ったほうが楽しめるさ。
[PR]
by miries | 2012-09-20 03:25 | デジタル系