カテゴリ:デジタル系( 141 )

MOVERIO BT-300 / 録音について

新しいガジェットブログの方に、続きを書いています。
12月29日、録音について追記しました。

MOVERIO BT-300 / 録音について

MOVERIO BT-300についての記事一覧は、以下からどうぞ。


[PR]
by miries | 2016-12-22 17:55 | デジタル系

MOVERIO BT-300買ったので、レビュー2

最新のMOVERIO記事はこちら。

今回の内容は2つ。
メガネ装着とミュートタップについて。

メガネの上から装着可能

幸い、メガネが大きくないので、鼻パットをメガネ様に変えれば、そのまま装着可能。
というのは知ってたんだけど、付属品として、専用メガネフレームがついてた
これにレンズを入れてもらえば、普段使いのメガネを外して、MOVERIO専用メガネとして使用できる。

ということなので、早速レンズを入れてもらって来た。
今のメガネが、JINS製なので、持ち込んでみたら可能とのこと。
価格は、5400円(5000+税)。
他社製のフレームにレンズを入れるというサービスになる。

フレームの形を見て、VR用ですか?と聞かれたので、その辺りを説明。
すると、普段使っているメガネは、通常、0.7程度の視力に合わせるのだが、
VRは、大体3mの距離に集中する形になるので、0.8程度に上げるらしい。
というわけで、度合いも調整してもらった。

なお、サービスは、店舗によって異なり、JINSどこでもできるものではないので、
度の調整が必要になったら、この店舗に持ってきてくださいと念を押された。

おかげで、すごく見やすくなったのだが、少し問題が。
BT-300の映像を映すスクリーンと専用フレームに入れたレンズが、メガネ装着時にくらべ、
距離が短くなるらしい。

そのせいか、輝度の高い映像を表示すると、光の干渉が起こってるっぽい感じで、少しにじむようになった。

ただ、近くなったおかげで、左目のスクリーンの右側(右目のスクリーン左側)の部分が、
二重になっているのが少し緩和された。

眼の位置を完璧に合わせると、この二重化もなくなるのだが、かなり難しい。

あと、レンズを入れたら、やはり重くなって、スクリーン下が見づらくなる。
その場合、前を上げるのではなく、後ろのフレームを上げた方が安定する。
(耳にかけず、挟んで止める形にする)

ミュートタップ

説明書に、映像を一時オフにする機能として、ミュートタップの説明がある。
装着時、右側のフレームを2回タップすると、映像と音声が再生されなくなるという機能で、
前モデルから搭載されている。
(出力がなくなるだけで、再生中の動画は一時停止にならないので注意)

ところが、これが全く機能しない。
購入前の店頭デモでも機能しなかった。
で、説明書をさらに読むと、誤作動を防ぐため、オン/オフ切り替えができるらしい。
おそらく、これがオフになっているのだろうと推測。

…推測したのは良いのだが、どこで切り替えるのか分からない…。
なので、サポートセンターに聞いてみた結果は、以下の通り。

Androidの設定 ⇒ 言語と入力 ⇒ タップとミュート

うん、やはりオフになってるね。
で、オンにしたのだが。

やっぱり反応しない…!
どうやら、タップの仕方に問題があるらしい。

指二本の腹で、そこそこ強めに叩く。
間隔は、タンタン!と、0.3秒間隔で2回。

すると消えた!
もう一回で、出た!

うーん、とりあえず機能を確かめたかっただけで、その目的は達成できたので良しとしよう。
たぶん、この機能は使わない…。
[PR]
by miries | 2016-12-02 12:34 | デジタル系

gmail設定 with communi case

親からメールが来た。
Windows10のアップグレードを拒否するように私がアドバイスしていたのだが、
つい最近、作業中に勝手にアップデートが開始されたとのこと。

そのまま使っているが、なんとか使えるようになってきたらしい。
実際、メールが送られて来たから、大丈夫なんだろうが、70歳超えてて、対応力あるな。
もっとも、それでも更新を止められなかった、マイクロソフトのクソ戦略もどうかと思うが。

私のメインマシンは絶対に更新できないので、即アップデーターを削除している。
これで更新されたら、マイクロソフトに損害賠償として、数百万円は請求できる案件だ。

というのはさておき。
親の対応力を聞いたので、私も保留にしていた作業をすることにした。

それが、ドコモ端末に入れてある、CommuniCase というドコモ純正のメールアプリに、
Gmailアカウントを設定することだ。

そもそもドコモメールとCommuniCaseという2つのアプリを入れており、1通のメールが両方に届くと言う謎設定にしてあったので、アカウントが追加できないドコモメールをアンインストール。
削除する前に確認したが、受信メールだけでなく、送信メールも、両方のアプリで、共有化されていた。

さすがimap。

さて、Gmailだが、CommuniCaseでパスワードエラーがでるのだが、以前調べたので、原因は分かっている。
Googleの2段階認証というのに引っかかっているらしいのだ。

というわけで、早速Googleにログインしてみる。
さっきCommuniCaseからのログインに失敗したため、警告のメールが来ている。

その辺を眺めつつ、2段階認証の項目を探しまくって、ようやく見つける。
まずは、2段階認証自体をONにしなければならない。

そのためのパスワードがハングアウトメッセージで送られてくる、とのことだが。
実際送られて来た再、相手の名前が数字(11桁)だったので、ソレをそのまま使うものだと思ったが、それが罠。
実際はメッセージ内に6桁の数字があった。

次に、アプリごとにパスワードを発行するのだが、
端末名とアプリ名を入力されられたが、これは自分が区別するためのモノらしい。

その後、パスワード(16桁英字)が表示されるのだが、
発行後に最初にアクセスしてきたアプリに対してのみ有効ってことのようだ。

このパスワードをCommuniCaseに入力すると、無事に受信サーバーの設定が完了。
その際に、もう1度パスワードが送られてきたのだが、
それはなぜか、相手の名前が、Google になっていた。

最初からそうしとけよ(-_-メ

しかも受信に成功した後、Gmailから使い方のヒントメールが来たのだが、
内部にある詳細設定へのリンクをクリックしたら、まさかの 404 NotFound。
ありえねぇww

また、これは Googleのせいではないが、2段階認証の16文字の英字が表示された際、
1度しか使わないという旨のメッセージが表示される。
だから、覚えなくていいよってことなんだろうが、CommuniCaseの設定で入力した後、
実際にメール受信すると、再度入力を要求される。

いやー、中々に面倒な設定だった。
しかも無駄に Gmailを登録に使用しているので、(赤札天国とか!)
むしろ受信メールが増えて面倒な気がする。

とはいえ、これで、SIMフリー端末への第一歩が踏み出せたわけだ。
[PR]
by miries | 2016-06-04 22:23 | デジタル系

vivo stickレビュー

スティックPCとして、最近発売された vivo stickを購入したのでレビューだ。

vivo stickは、ASUSから発売されたスティックPCだが、去年の発表当時から、
デザインが良かったので、購入を検討していた機器。

他には、キーボードPCも同価格だったので、検討していたのだが。
(もちろん、MSX型というのがポイント)

HDMI接続のTVに差して、電源用USBを接続するだけで、本当に使用できた。
当たり前だけど、予想以上に簡単だった。

ただ、起動までに1分程度掛かるのと、起動直後は、何か良からぬ信号が出ているらしく、
TV画面に「読み取れない信号が入力されています」的なメッセージが表示された。

しばらくして、正常な信号になったらしく、Windows10の初期設定画面が表示された。
自宅メインPCのWindows7の起動も50秒程度かかるから、普通と言えば普通だけど、
もうちょっと早いのを期待していた感はある。

設定するのに、有線マウスと無線USBを繋いだが、これまた問題なく接続。
(後日、USB1つで無線マウス&無線キーボードの接続も出来た)

無線LANの設定もして、ブラウジングも Microsoft Edge で確認。
たまにキーボード入力してから画面に反映されるまで、数秒かかったりする、引っ掛かりが発生したのだが、何が原因か不明。

また、液晶TVに接続したためか、Windows10のフォントが潰れて読めなかったので、システムフォント変更ツールを入れて、メイリオに設定。

後日、PC用液晶モニタに接続したら、綺麗に見えたので、TVによる影響が大きいと思われる。
(GPD XDでも、音声が聞こえなかったTVだし。)

デザインの最大の特徴である、端子キャップは、使用時に反対側に付けることが可能。
反対側は電源ボタンなんだが、キャップをつけた状態でボタンが押せるようになっており、
LEDもキチンと見えるようになっていた。

機能的には、スマホでリモート操作ができるという点に注目していたのだが、
ちと期待はずれだった。

操作はできるのだが、スマホでvivoを操作するのではなく、
vivoに接続されたマウス&キーボードを操作する感じなので、
やっぱりマウスとキーボードは接続してないとダメっぽい。

別の設定があるのだろうか。
スマホのミラーリング機能は試してないけど、これで完全に chromecastは不要になったな…。

さて、問題はこれを何に使うか、なのだが。
まずはプログラムの基本となるテキストエディタでもインストールするかね。

もう残り容量が20GB切ってるし、色々選択しないと(苦笑
[PR]
by miries | 2016-04-18 23:34 | デジタル系

Windowsって本当に使い物にならねぇよな。

購入した状態で使用しているが、基本、自分でインストールするものやデータは、
Cドライブ以外に入れている。

それでも最近、Cドライブの空き容量が少ないと警告が出るようになった。
だがしかし。
自分でそういう警告を出しておきながら、WindowsUpdateのファイルを
Cドライブにダウンロードするものだから、容量がなくなり、何もできなくなる。

なぜ、いっぱい空いているDドライブにダウンロードするようにしないんだ?
自分でCドライブは容量が少ないって警告だしてんだろ。

仕方がないので、Cドライブから6GBも占有している、pagefile.sys を削除することにした。
Dドライブが空いてるんだから、そっちに変更すれば何も問題がない。

はずなのだが。

Cドライブを「ページングファイルなし」に設定しても、6GBのファイルがなくならない。
ファイルを使わなくなっただけで、今あるファイルを削除しないんだぜ?
クソ過ぎるだろ。

仕方がないので、最低の16MBに設定してやると、ようやく pagefile.sys が16MBになった。
使わないってんのによ。
[PR]
by miries | 2016-02-07 22:51 | デジタル系

AIPOのバージョンアップ

会社で使用しているグループウェアのバージョンがめっちゃ古かったので、
最新バージョンにアップグレードされた。

それ自体はいいとして。

みんな新しい機能とかに感心ないのかね?

今風に、いいね、とかのボタンも付いてるし、タイムラインとか色々機能増えているんだから、
試してみたくね?
色々試すのって最初しかできないよ!

私はすぐに、テスト投稿とか、テストいいね!とかやってみたんだが、
反応して、いいね返しをしてくれたのは、一人だけ。

こういうのが好きなタイプの人だから分かるんだけど、他はまったく無反応ってのが寂しい。

もっと楽しもうぜ。
[PR]
by miries | 2016-01-13 08:01 | デジタル系

Poraroid rainbow padについて

先日購入した子供用タブレットの Polaroid Rainbow padですが。

miniUSBに対応した、OTGホストケーブルが届いたので、早速レビュー第二弾。

購入したのは、先日も書いたコレ↓
変換名人 miniUSBホストケーブル 339円


こういうのは秋葉で買っていたんだけど、全然売ってなかったのよね、、。
探し方が悪い or 売り切れてただけかもしれないが。

さて、これを何に使うかというと、USB接続のバーコードリーダーに接続するわけです。
自作したAndroidアプリで、バーコードを読み取り、その商品をAmazonで検索し、
商品名、画像、値段を表示して、テキスト読み上げ機能で音声を出す。

子供用のリアルレジスターごっこ用アプリなのだが、
元々は、先日壊れた、KEIANタブレット用だったのだが、遊びすぎてUSBコネクタがぶっ壊れたので代用というわけです。

これでOTGケーブルはOKですが、そもそもPCと接続テストをしていなかった。
USBデバッグモードで接続するも、やはりドライバーはインストールされず。

Polaroidの公式サイトにもそれっぽいものはないし、お問い合わせしても答え来るか分からないしなー。

というわけで、前回の colorflyと全く同じ手順で、試しに追加してみたら…。
問題なくインストール完了&AndroidStudioからの実機認識もOK!
万能だな!このドライバー(笑
[PR]
by miries | 2016-01-09 21:23 | デジタル系

Bluetoothヘッドセット

スマホ等でゲームするのに、音を聞くときは、Bluetoothのヘッドセットを使う。

ワイヤレス性重視してたんだが、ありがちな失敗として、ポケットに入れたまま洗濯しちまった。
バッテリー部分が壊れただけなので、充電ケーブルを接続しながらだと使えるが、ワイアレス感ゼロ。

ので、新たなるBluetoothヘッドセットを求めて秋葉へ。
以前から目をつけていたのは、1890円のやつで、洗濯した3980円の半額くらいのモノ。
あきばお~で見かけた。

そしたら、上海問屋で、超小型を謳うヘッドセットを発見。
1440円+税

これは買うしか!

小型の宿命として、バッテリーが2時間しか持たないのは仕方がないのだが、
充電端子がmicroUSBじゃなくてピンジャックだったのが残念。
各所で充電するのに、このピンジャック<>USBコネクタを持ち歩かないといけないからね。

あと、地味にカナル型じゃないのも気になる。
超小型なので、耳に押し込むカナル型じゃないと、すぐ外れて落ちるし。
透明なフックが付いてることは付いてるんだが。

音質は特に問題なし。外で聞く用のものに求めるものじゃない。
音量も十分。
音楽プロファイルにも対応してて、この値段&サイズはすごすぎるわ。

スマホのアプリ&PS Vitaで使えることは確認した。

さて、洗濯しないようにしなければ。
[PR]
by miries | 2016-01-03 01:57 | デジタル系

Polaroidタブレット

あきばおーのネット通販サイトを見ていたら、再入荷!の項目に、
Polaroid Rainbow Pad 7インチ キッズタブレット 5400円(税別)
という商品があった。

以前購入した(すでに壊れたが) KEIANの7インチタブレットは、
4000円でお釣りが出る価格だったが、あれはメーカー再生品だからだろう。
新品の格安タブレットとしては、5400円ってのは魅力的であるが、
超低スペックという点を踏まえると、妥当な価格に思える。
(発売当初のトイザラス価格は、14999円だそうだが)

グーグルで検索してみると、去年の4月あたりに、あきばおー店頭で、
3200円で購入した人もいるらしい。

というわけで、ポチって見たわけよ。(12月中旬くらいに)
届いたものを早速チェックしてみたら…。
私が購入する最大の動機となった縦置きスタンドが入っていない。
(ついでに、ACアダプタも入ってなかったが、これは、コンセントに差すUSBタイプなのですでにいくつも所持している)

あきばおーの商品説明のところに書いてあるが、不良品は直接メーカーとやりとりして欲しいとのこと。
まずは、物が正常かどうか確認する必要があるので、電源ON!

…みたことのあるペンギンマークが表示されるんですが、それは。
って中身は中華タブレットじゃねーか!

とりあえず動作に問題はなかったので、専用スタンドだけ送ってもらう用にメーカーに打診。
無事に欠品パーツが届いた。

さて、その性能だが、まず一番気になるのは、視野角の狭さ
縦置きスタンド使用時は、正面でもきつい。(左目と右目で色が違うくらい)

速度も、シングルコアなので、説明する必要もないだろう。
ちなみに、在庫少!となっていたので、ポチッた翌日に再度確認したのだが、
8000円に値上がりしてた。
マジかよ!

前述のブログでは、microUSBではなく、miniUSBなので、スマホと充電ケーブルが共有できない!
と書かれていたんですが、私はどちらも複数持っているので、それ自体は問題ではない。
問題なのは…手持ちのOTGケーブルが全てmicroUSBという点。

OTGケーブルというのは、PC用のUSB機器(キーボードやマウスなど)を、Androidタブレットで使用する際の変換コネクタ。
秋葉のパーツショップを回ったのだが、どこも microUSBばかりで、miniUSBに対応したものがないとは!
店員に聞くも、最近は microUSBばかり、とのこと。

むむむ、変なパーツを購入できるのが秋葉だと思っていたのだが。
こういうパーツですら、Amazonで購入する時代なのか!

変換名人 miniUSBホストケーブル 339円


[PR]
by miries | 2016-01-02 18:03 | デジタル系

またアイトレックを引っ張り出してきた

アイトレック(2011年のブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/hikarutowon/20110922/1316694505

新品でダイノバイザーも買ったとか、お前は俺か!(笑

ちなみにダイノバイザーは、1つの液晶をレンズで無理やり両眼にしているので、
30分観続けると、頭痛と吐き気がしてくるレベル。

で、アイトレックは初代のを発売日に買っていたのだが、しばらく愛用して放置。
モノに問題は無かったんだけど、TV見たりゲームしたりする時間が少なくなった、というのが主な理由かもしれない。

で、最近またヘッドマウントが注目を浴びているようだが、視界を塞いでしまうタイプはパス。
モベリオが良い感じだが、できれば、単眼のが欲しいんだよな。

まあ、これから良い製品が発売されるだろうということで、
それまで過去の遺物で代用しようと思ったわけよ。

1年ほど前にも引っ張り出してきたんだが、その際、コンポジットの映像を入力してみたら、
画面がグリーン一色なってしまっててね。
昔持ってたブラウン管のTVの末期と同じ症状だったので、諦めてそっとしまったのよ。

んで、冒頭に書いたサイトを今日見ていたんだが。
そうか、S端子ってのがあったな。
もしかしたら、コンポジット端子が悪いだけかもしれん。

しかし…前回テストして、グリーンな画面になったのは、いったいどういうテストのしたのか、
さっぱりワカラン(苦笑

S端子ケーブルが手元にないので明日にでも買ってくるとして、だ。
せっかくなんで再テストしてみよう。
というわけで、関連品を全部引っ張り出してきたのだが。
 
バッテリー、充電器、TVチューナー…。
かなりつぎこんでるなw

TVチューナーは、当然アナログなので受信などできるわけないが、
とりあえず接続してみると。

おお!?
白黒の砂嵐が。しかもチャンネルを表す数字もはっきり白で見えるぞ。

これはいけるんじゃ…。
私のスマホは、F-10Dで、HDMI出力できるから、
そこからの映像と音声がアイトレックで表示できると面白いな!

まあ、私のも、イヤホンがボロボロなので、取り替える必要があるんだが。

追記:
とりあえず、簡単に出力テストが出来るTVがあることを思い出し、
コンポジットで接続してみたら…普通に表示されたわww
前回どんなテストしたんだよ!

というわけで、イヤホンの替えを買ってくる!

しかし、これまで何度も分解してきた理由が、レンズの向こうにゴミが入ってる、というものだったのだが、
相変わらず残ったままだったのがスゲー気になるわ。
[PR]
by miries | 2015-08-03 02:21 | デジタル系