スマホ「nuu X4」

引き続き、今度はソフトウェアの面から、nuu X4を見てみる。

自作アプリを作成して、チェックしてみたら、
F-10Dのときには出なかったエラーが2つ、出るようになった。

1つは、

java.lang.Throwable: setStateLocked

というエラー。
この文章に続き、

android.view.accessibility.AccessibilityManager

に関するエラーが2~30行ほど表示される。
このエラーの特徴は、

・自分で try catch しても引っかからない
・エラーは表示されるが、プログラムの実行は停止しない

検索しても、日本語での解説ページは皆無。
英語サイトに、まったく同じ事例の投稿があったが、回答はなし。
こうすれば?という案があったが、全て試して、どれも解決にはならなかった。
試した解決方法は、以下の通り。

●該当エラーが出るのは、ActivityのonCreate()内で、

mGL = new GLSurfaceView( this );

としている箇所。
この this が原因とのことだが、これより前の部分で使用している this ではエラーは出ない。
この関数を無名関数で、別スレッドで実行すればOKという書き込みがあったが、
ほぼ同じエラーが出て、解決しなかった。

●ゲーム本体のActivityから起動するのではなく、
LoginActivityから起動するようにして、Intentを使って、ゲーム本体のActivityに切り替える。
この手段も、まったく効果なし。


プログラムの実行が停止するわけではないので、今のところ放置だが、いずれ解決したいものだ。


もう1つが、毎フレームログが表示されるというもの。
検索すると、このデバッグログは、画面が再描画されるときに、表示されるものらしい。
しかし、再描画しているところは一切無い。

というわけで、1行ずつチェックしてみたところ、問題の発生箇所を特定。

glClear();

いやいや、そこで出されると、もうどうしようもないんだが?
念のため、F-10Dで再度確認したが、ログは表示されない。

つまり、この2機種間に、何か違いがあるということだ。

考えられるのは、

・Android4.2 と Android5.1 という違いがあるので、glClear()の実装内容が変わった
・メーカーが、glClear()をカスタマイズしている

これぐらいか?
とにかく、これはもう解決のしようがないが、
秒間60行ものログを吐かれるとデバッグに支障をきたすので、
AndroidStudioのログフィルターにがんばってもらうしかないな…!
[PR]
by miries | 2016-11-28 09:42 | レビュー


<< EPSON BT-300買った... Wii「NEW スーパーマリオ... >>