GPD XD レビューその3

GPD XDでHDMI、からの続き。

3台目のTVでテストすると、なんと、遅延も少なく、映像・音ともに良好な状態に!
やはり、TVの問題なのだろうか。

再びダメだったTV2に戻って、各種設定を見直すも…。
10年近く前のTVに、そんなに機能ついてなくてね。
ダイレクトモードっぽい設定が無いので、遅延させるってのがデフォなんだろうなぁ。
ちなみに、遅延している状態で、HDMIケーブルを抜くと、
本体の液晶画面は、遅延しなくなる。

というわけで、次。
USBホストケーブル(OTGケーブル)を使って、PS4のパッドを繋ぐ。
問題なく認識された!

やはりパッドでプレイするのがいいわぁ。
本体のボタンにも優しいし(笑

というわけで次。
PS1のゲームの実行だが、デフォで組み込まれているエミュレータは動く気配なし。
というわけで、野良のePSXeを入れる。
どうせ、GPD XD自体は、単体+ステアカで使用しているので、引き抜かれる情報もないだろ。
…壊れる、というのは嫌だが。

エミュレータ自体は問題なく動作。
ゲームは、テストの度に引っ張り出してくる、R4 (リッジレーサーType4)だ。

DiscJugglerでイメージ化して、拡張子cdiのまま認識された。
これはこれですごいな。

で、ゲームなんだが…。
すげぇ、実機と遜色ないレベルで動作してるわ。

とりあえず、1次予選コースで1位取れるくらい、まともに動いているぞ。

ポータブルでも、据え置きとしても使える、マルチな中華タブレットだな!
…TVは選ぶが。
[PR]
by miries | 2015-11-05 01:06 | ゲームで遊ぶ


<< KEIANタブレット逝く GPD XDレビュー その2 >>