Javaアプレットの衰退2

ゲーム制作に必要不可欠なのが、制作をサポートするツール群。

今でも、過去の資産を使うため、ツールは全部Javaアプリケーションで制作している。
ベースとなっている部分は、2000年に作成していたりする。
最近、大幅にバージョンアップして、さらに使い勝手を向上したところだ。

こういうツールは、大抵が自分用だが、稀に他人が必要としたりすることがあるが、
今回もそのパターンで、別のPCに環境をセットアップすることになった。

放置気味のPCなので、IEしか入っておらず、Chromeをインストールすることから開始。
そのChromeで今度は、JREをインストールしようとしたのだが…。
公式サイトでダウンロードしようとしたら、以下の警告が!

「Chromeを検出しました。Chromeは、2015年5月より、Pluginが標準で無効化になりました。」

いやいや、今Javaをダウンロードするヤツが、ブラウザで使おうとか思わんて。
そもそも、その前から、使えんようにしたのは、お前らやん、、、。

こういう点が、イチイチむかつくんだよなぁ。
[PR]
by miries | 2015-05-27 01:02 | デジタル系


<< HTML5とCanvas Javaアプレットの衰退 >>