カメラのカラーエフェクトのバグ

Androidでカメラアプリを作っているわけだが、カラーエフェクトのバグが回避できなくて困っている。
(もしかしたら、ホワイトバランス等、他でもそうなのかも)

カラーエフェクトの設定は、
CameraParameters.setColorEffect(String);
この関数で行う。

Stringの部分に、"negative"を指定すれば、白黒反転、"sepia"でセピアカラーといった具合だ。
そして、"none" でエフェクト無しに戻せる。

…はずなのだが。

ドコモ端末F-10D:問題なし。

S5110b:エフェクトの切り替えはできるが、noneを指定すると無視される&プレビューが停止。
カメラを一度破棄することで、元に戻せる

KEIANタブレット:同じく、エフェクトの切り替えできるが、noneを無視。二度と復帰不可能

どれくらい不可能かといえば、カラーエフェクトを適用して、アプリ終了。内蔵されているカメラアプリを起動すると、さっき設定したエフェクトが残ったまま、というくらい、深く刻み込まれている。
再起動すれば元に戻るのだが…。


----
追記:

解決策見つけました。
http://miries.exblog.jp/24072856/
[PR]
by miries | 2015-01-29 15:38 | Android


<< カメラのsetColorEff... 続・Activity切り替え >>