AndroidStudioを使ってみる

格安タブレットの恵安m704s pro がメーカー再生品でさらに破格の3900円だったので即買い。
バッテリーの持ちに目を瞑れば(フル充電で2時間くらい。USB充電不可なのがさらに痛い)、この性能で4000円切っていたら文句ないでしょ。

で、アプリを作ろうと思っていたところに、AndroidStudio1.0の安定版がリリースされたと目にしたので、早速使ってみた。

まず、インストールに1時間以上かかった。
時間の大半は、SDKをダウンロードしている時間で、それ以外はすんなりインストールできた。

過去のeclipseのプロジェクトをインポート。
インポートは問題なかったが、ビルドエラー。
50以上あるファイルのうち2つにエラーが発生していたが、どうやら、UTF-8のソースファイルに、BOMがついていたのが原因らしい。
eclipseはビルドできたのにな…。

で、いざ実機で実行…しようとしても認識されない。
AndroidStudioをインストールしただけでは、ドライバーまでは用意してくれないらしい。
なので、SDKマネージャーから、USBドライバーをインストール。

無事に過去のプロジェクトが実行できた。

簡単な2Dの表示プログラムなら、70FPSも出てる。
LINXだと、40FPS程度だったのに(笑
この前、秋葉原で見たLINXが、3980円だったな…。

で、ちょこっと触っただけなので、新機能とか試せてないんですが。
ビルド&実行しようと、F5を押したら、クラスのコピーメニューが開いてビビったわ。

F5でRUNって、普遍だと思ってたわ!
[PR]
by miries | 2014-12-10 17:48 | Android


<< Cドライブの容量を増やす? さくらサーバーを使用したサイト >>