xreaサーバーのphp設定

実に久しぶりに、xreaのs30サーバーにおいてあるサイトを覗く。

LaTacheのWebサイトもxreaで、s45サーバーだが、数字から分かるように、かなり古い。
そりゃそうだ、2002年くらいから使ってるやつだから。

むしろ未だに使い続けていられるのが不思議なくらいだ。

ただ、さすがに phpのバージョンが古くなったので、
去年辺りに、サーバーの入れ替えがあったはず。

で、今、s30サーバーを覗いたんだが…PHPがうごかねぇ。
URL入れると、Not Fount.

/index.php までURLを入れると、なんとダウンロードが始まってしまう!

アカウントが削除されたわけではないので、設定がかわったということだ。
ちまちま検索かけて調査した結果、.htaccess に以下の1行を加えて、動作した。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

サーバーによっては、

 AddHandler application/x-httpd-php55cgi .php
 AddHandler application/x-httpd-php54cgi .php

等、PHPのバージョン番号が入るらしい。
調べたところ、s30サーバーは、5.2だったので、

 AddHandler application/x-httpd-php52cgi .php

としたのだが、動作せず。
どうやら、同じ5.2でも、無印で動作する方だったようだ。
うーむ。
LaTache.netのほうも、そのうち変わりそうだな…。
[PR]
by miries | 2014-06-10 00:56 | デジタル系


<< 私の現状 Sphero2.0で遊ぶ >>