ミドルウェア改修

今開発しているプロジェクトは、ミドルウェアを使用している。
ミドルウェアと言うより、フレームワークに近いもので、システムほぼ全てそのミドルウェアで動いている。

不具合があればサポートに連絡して対応してもらうのが筋なのだが、
オープンソースなので改良が自由にできるのが災いしてか、明らかな不具合が残ったままになっているものもある。

みんな、発見しても独自に修正して報告しないんだろうな。
私は即効報告して直してもらうんだが。

で、このミドルウェア、フォント周りの作りが荒い。
通常の文字を出すだけなら良いのだが、いまどき単色の文字でOKってことはないだろ。

アウトラインやドロップシャドウが実装されているのだが、見るに耐えないレベルで、
こんなんでゲーム作ったら、ボロクソに叩かれるレベル。

というわけで、フォントデータを作るツールのソースから改造し、表示するためのシェーダーも原型が分からないくらい書き換えた。

その結果、1リソースで、通常文字、アウトライン文字、グラデーション文字に対応。
ドロップシャドウは対応外としたが、そもそも、2枚重ねれば再現できるので問題なし。

アトリエのときも、フォントのためのツールを作りまくった覚えがあるわー。
懐かしい。
[PR]
by miries | 2014-02-13 02:01 | ゲームを作る


<< PlayStation4 予約... 前代未聞。 >>