前代未聞。

このブログに訪れた方の一部の方はご存知だろうが、私のプログラム暦は長い。
某スレで神認定(笑)された、GBAのアトリエは、もう10年前の作品だ。

残念ながら、あれ以来コンシューマ機では作っていないが、携帯電話のアプリ、ソーシャル、そして、企業のWebサイトをちょこっと制作・運営した程度であるが、どれも担当はプログラムだ。

職業で10年以上プログラマやってる人って…どうなんだろう。
普通は、ディレクターとかやらされそうだけど、やっぱプログラムが楽しいからな。

最近、日経ソフトウェア読み始めたけど、やっぱり面白い。

で、今関わってるプロジェクトなんだが、実に久しぶりにコンシューマ機(※)に戻ってきた…
んだけど、正直、プロジェクトがグダグダすぎてね。

私は、プロジェクトが決まったら、全体の構成とスケジュールから入るんだが、
その辺に触れると、「それは考えてなかったなー」なんて言葉が出たりしてね。

仕様書がない…というのは業界の常だが、そんなものは無くても、
形が決まっていれば作れるわけですよ。

例えば、対戦格闘であれば、ある程度フォーマットがあるわけで、それをあらかじめ組み込んでおけば良い。
残念ながら今のプロジェクトは、あまり前例のないジャンルでね。

年末までには仕様を作る ⇒ 1月のMTGで ⇒ もうちょっと先

という、デスマーチのフラグが立っている状態ですよ。
そこで、昨日出た、長いプログラマ人生で初めて聞くセリフ。

「仕様がまだ決まらないので、プログラマの方は残ってる有休を取るなら今のタイミングで」


なんと!
プログラマが休んで良いプロジェクト!!


…。
そんなことあるかい!


こちとら、社内初のプラットフォーム(※)で、1から作ってるんやで。
ゲームの仕様以前に、セーブ機能とか、サウンド、入力周りとか、
やることいっぱいあるわ!!
サンプルプログラム見るだけで、

そんなこと言いに来る間に仕様考えろよ…。



※でも、最新機種(PS4とか)じゃないんすよ。残念ながら。
[PR]
by miries | 2014-01-21 09:31 | ゲームを作る


<< ミドルウェア改修 ガジェットとHTML >>