せめて自分の担当はしっかりせえよ。

今、コンシューマー機でゲームを作っている(プログラム担当)が。

ワンダースワン開発秘話でも言った気がするんだが、プログラマは全作業の知識がなければならない。
サウンドデータをもらって組み込むには、サウンドの知識がいるし、ポリゴンモデルやアニメーションを表示するには、当然3Dなどの知識がいる。

もちろん、複数のプログラマで作る場合など、一人が全ての知識を持っている必要はないが、プログラマ全体で知識はもってなければならない。

だからこそ、プログラマ以外の人は、自分の専門をしっかりして欲しいのだが…。
今のプロジェクトでは、残念と言わざるを得ない。

パートで言うと、企画とUI、そしてサウンド。
モデル班は全く問題なし。

とにかく中途半端。

企画は、ゲームの仕様を考えきることができず、「分からない」「思いつかない」「数字に弱い」「別の企画が来たから任す」しか言えない。
こっちが仕様について少し突っ込んだ質問をすると言葉に詰まる始末。
(ここには書けないが、ホントにユーザーがプレイを投げ出すような仕様なのよ!見ただけで分かるくらいの!)

UIとサウンドは共に、プログラマに放りっぱなし。
画像データだけくれたので、「これをどういう演出で画面に表示したらいいのか」と聞くと、
「お任せします。」

もらった仕様では、全部表示できないのだが、突っ込むと「考えてなかった」。

BGMだけ音量が異常にでかいので、それを言うと「適当に調整しといて」だし。
適当に調整した結果、効果音とのバランス取ると、BGMは元の音量の0.6倍だぜ?
どんだけ適当に音量設定してんだって話だよ。

ゲーム全体を見通して作れ、とは言わないが(面白いゲームを作るためには必要だがね)、
せめて自分の担当パートには責任を持て。

なんて、今進行してるプロジェクトについて、こんなところで言っててもしょうがないので、ちゃんとミーティングで抗議するさ。
[PR]
by miries | 2013-12-08 23:57 | ゲームを作る


<< 12月20日に何があったのか。 sphero 2.0を外で遊ん... >>