F-10Dのその後2

F-10Dの使用感について書いたが、さらにその後の話。

まず、SH-03Cと比較して、アプリ一覧がないと書いたのだが、あったよ。
ホーム画面で、さらにホームキーを1秒以上押すと、動作アプリ一覧が表示されて、
そこで一括終了が選べる。

これでまた1つ便利になったぜ。
一番?バッテリーを使うと話題の電話帳サービスを無効にしてみた。
バッテリーの持ちはかなり良くなったが、これのおかげかどうかは不明。
ただ、電話帳を起動した後、コミュニケーションのタブを観ると、フリーズしてしまうので注意。

データ通信専用端末なので、電話帳を使うのはメールアドレス確認くらいだがね。


そして、便利だと思っていたスライドインランチャー。
これが意外と不便でイライラする。

原因は、画面底辺から親指でスライドするように設定したため。
画面底辺の指定は、分割じゃなくて、底辺すべてを指定。

文字の入力の際は、QWERTYキーボードを有効に使うため、
横画面にして使っているのだが、
そうすると、一番下のキー配列(リターンキー含む)が、
スライドインランチャーの判定と被るんだな。
なので漢字変換を確定しようとしたりすると、ランチャーが出てきたりする。

だから、標準では干渉の少ない左上になっているわけだ。

あと、横画面だと、文字入力の際、
入力エリアが1行分しか表示されないのがみづらくて仕方が無い。

この2点がなんとかなれば、かなりのベスト端末確定なんだがなぁ。
[PR]
by miries | 2012-08-11 23:00 | デジタル系


<< コカコーラ ゼロフリー新発売! F-10Dのアプリーーーー!!!! >>