HTML5でいろいろ

javascriptとhtml5で色々作っているのだが…。

いや、確かにHTML5が色々できるってのは分かるんだけど、
はっきり言って、どれも「使えん」。

例えば、某サイトで「html5では2番目に人気」と解説されている
webStorage機能。

早速試してみたが、JavaのMapそのままで使いやすい。
それはそれで良いことなんだけど。

googke chrome では、「ツール⇒デベロッパーツール」で、
簡単に内容を確認/変更することができるのだ。
※各ブラウザごとにそのやり方まで親切に解説している

つまり、改ざんが「超」容易にできるわけだ。
ここにゲームの所持金情報を保存しようものなら、すぐに大金持ちだ。

チェックサムをつけようにも、そもそもチェックサム自体がJavaScriptなわけだから、
ソースだだ漏れ状態で意味無し。

WebStorageについて解説しているページは多々あれど、
使い方については、ほぼ同じ解説のみ。

曰く、ページに初回アクセスした時のみ、チュートリアルを表示、
曰く、ページレイアウト(背景色など)を好みに応じて保存しておく、などなど。

Cookieで十分じゃボケ

とにかく、HTML5はソースだだ漏れだし、ゲームには向かないと思うぜ。
マジで。
[PR]
by miries | 2012-04-24 17:37 | ゲームを作る


<< コカコーラ・ゼロフリーの怪 Vitaのbluetoothが... >>