3DSウェアのレビュー

最近は、ニンテンドープリペイドを買って、3DSでガンガンダウンロードして楽しんでる。

スマフォでも絶賛ダウンロード中。
リンクスでの3Dアプリ制作を解禁して欲しいものだ。

さて、最近購入した3つのソフトのリポートをお届けしよう。

・シンプルDLシリーズ脱出(500円)
 3D感:★☆☆☆☆
 総合:★★★☆☆

 DSのシンプル2500シリーズやDSウェアで出ていたインターフェースを踏襲した脱出ゲーム。
 ゲーム空間はポリゴンで表現された部屋だが、
 立体感はまるでなし。だって左右の画像に視差がないんだもの。
 しかも3Dにしたことで、画像の鮮明さが落ち、小さな鍵が見えないなど、
 難易度もアップ。
 謎を解くというより、クリックに反応するところを探す、
 クリックゲーになった感じ。

・VectorRacing(500円)
 3D感:★★☆☆☆
 総合:★★★☆☆

 古き良き時代のワイアーフレームで表現されたレース。
 全10コース、4車種。
 それっぽい雰囲気を出すため、文字はほとんどがラインで書いてあり、
 3D表示にすることで輝度が下がり、見難いことこの上ない。
 また、ワイアーフレームというのは、黒い背景に、
 明るいラインで描くもので、コントラストが非常に高く、
 3D表示にした際に、映像漏れの発生がすさまじい。

 ※映像漏れ:左目用の画像が右目で見える

 そもそもワイアーフレームでコースが描かれているので、
 映像漏れを起こすと、コースが全く分からなくなり、ゲームにならない。

・ヒューストン(500円)
 3D感:★★★★★
 総合:★★★★☆

 井戸に投げこまれた石を操作し、障害をさけ、
 一番下の水面に落とすゲーム。
 3Dを使いこなした表現がすばらしい。
 3Dを分かっている人が作るとこうも違うものか、と思える作品。

 非常に惜しいのが難易度。
 全10ステージで、最初のステージは「小手調べ」と言っているのに、
 ダミーアイテムが出てきてダメージを受ける。

 最初のステージはシステムを理解するための極簡単なものにし、
 2ステージで、距離が長くなり、
 3ステージ目からギミックが出はじめる、というのが王道だろう。

 これでは折角の良ゲーがステージ1で放棄されてしまうではないか。
[PR]
by miries | 2011-09-30 23:52 | ゲームで遊ぶ


<< JOGLアプレットが動いたー!! とりあえず、JOGLアプレット... >>