JOGLとフォント2

1ドットずつ処理しようと思い、確認してみたら、

0x28FFFFFF

とか、すでにα値が入っていた罠。

つまりキレイに見えていなかった理由は、
テクスチャの表示指定が、抜き色になっていて、αが有効になっていなかっただけという。

これで、1ドットずつ処理する必要がなくなったぜ。
[PR]
by miries | 2011-07-04 00:26 | ゲームを作る


<< 光回線になった。 JOGLとテクスチャとフォント >>