レベルの低いプログラムだな。

パナソニックモバイルコミュニケーションズ製だったか?
新規に公開されたSNSアプリ、「マジックアバターバトル」。

モバゲーでもグリーでもなく独自に立ち上げたゲームだったので注目していたのだが…。

本当に可もなく不可もなく、という見本アプリで、
一定時間で回復するポイントを使ってミッションをクリアし、
色々奪い合ったり、シナリオボスと戦ったりするものだ。

このボスが、また課金ゲームらしく、
ある程度シナリオを進めると、急激に強くなる。

私の場合、そうなっても課金などせず、
ずっと同じミッションをやって
レベルを上げるわけだ。

で、いざボス戦で、楽勝、というまでになったのだが…。

よくよく見ると。

敵の攻撃を受けると、HPが回復しているじゃないか!
しかも最大HPを超えてどんどん回復。

これはつまり、

・ダメージ算出時に、レベル差がありすぎてマイナスダメージになるのを処理していない
・HP回復時に、上限判定をしていない

という、ゲームプログラムとしては最低の仕様だ。

攻撃時に回復になるとは思わなかったので、上限判定をしなかったのだろうが、
(ゲーム)プログラマなら、HP増減時(パラメータ増減時)にキャップ処理を入れるのは常識だ。

こういうのが間違ってコンシューマに来ると、
クソゲーオブザイヤーにノミネートされる作品になるんだよな。
[PR]
by miries | 2011-05-04 01:24 | ゲームで遊ぶ


<< JavaでOpenGL (JOGL) Java Swingでブラウザ... >>