納豆が店頭に並ぶようになってたよ。

納豆が近くのスーパーに入荷し始めた。
昨日までは、別の商品のコーナーになっていたのが、
今日ふらっと寄ったら、見たことの無いパッケージの納豆が、
5~6種類並んでいた。

しかし、よくみると、どのパッケージにも同じマークがついており、
「MARUKIN」という九州のメーカーのものだった。

やっぱり、仕入れを西日本にしたんだな…。

どれも「あまだれ」という、知らない味のタレがいているので、
どれか1つ買っていこうと、1つ1つ手にとってみた。

同じメーカーなのに、原料の大豆の産地がバラバラ。
国産、アメリカ、カナダ、中国…。

「納豆品評会、優秀賞受賞」と、いかにも買いそうなキャッチコピーの納豆だけ、
原料が中国産というのは、どんな罠なんだ?

というわけで、それは避けて、極小粒のものを買ってきたよ。
早速夕飯に1ついただいたのだが…。

ごめん、普通の味だった。>あまだれ

でも極小粒で美味しかったよ。
やっぱり納豆は極小粒か挽き割だよね。


ナットクン (納豆の器&かき混ぜ棒) SAN1564
[PR]
by miries | 2011-04-18 23:28 | レビュー


<< 今日の米当番。 料理とハサミは使いよう >>