マーブルコートのフライパン

シャトルシェフに変わって活躍中の圧力鍋。
どちらも短時間の加熱で、長時間に匹敵させるための器具だが、圧力鍋の方が使い勝手がいい。

そんな鍋に続いて目をつけていたのがマーブルコート。

これまで、様々なフライパンを使用してきた。

表面に凹凸をつけたやつとかは、まったく効果なく、食べ物がこびりついていった。
フッ素加工も最初は良かったが、段々性能が悪くなり、ついには普通のフライパンへ。

結局、油を使わないとだめなのね、と思って数年。
最近の流行はマーブルコートらしい。

やはり買ってしまった。


しかし!


こいつはヤバイ。
最初に使った瞬間にその性能を体感!

購入したのは、全面マーブルコートのフライパンなので、当然火が当たるほうもコーティングされている。
そのせいか、フライパン自体がコンロの上ですべるのだ!

チャーハンを作ろうものなら、片手でご飯をいためると、
ご飯がまざらずに、フライパンが動く。

とにかくすべる。
だから、素材もまったく焦げ付かない。


いやー、すごいわ、これ。
ようやく満足のいくフライパンに出会ったよ。

あとは、この性能がどれくらい続くか、だな。
[PR]
by miries | 2009-10-22 23:41 | たべもの


<< php コマンド file_g... なんの因果か…Sアプリを製作中。 >>