圧力鍋が届いた。

最近の圧力鍋は小型の片手鍋サイズでちゃんとした性能なんだね。
実家で大型の鍋型しか使ってないんで、素直にすごいと思う。


購入したのは「松居一代の圧力鍋」。購入は一部の通販のみらしい。

テレビでもよく見かけるけど、鍋のように一般的なものを買うときは、
長いものに巻かれていた方がマイナーなものに手を出すより、メリットが多い。
情報量が多いので、レシピやトラブルシューティングなど、ネットで検索すれば、
すぐに大量にヒットするでしょ?
まぁ、レシピはどの圧力鍋でも同じかも知れないが(笑)


で、この圧力鍋だけど、宣伝文句やテレビの実演で「カレーが1分でできる」って説明される。
そんなカタログスペック、誰も信じてないはず(笑)

というわけで、実際にカレーを作って、時間を検証してみた。

・カレーに必要な材料(3~4人前、ルー1/2箱分)は、すべて揃っている状態でスタート。
・ジャガイモの皮をむき、すべての材料を必要なサイズに切るのに10分
・肉、玉葱を軽く炒めるのに5分
・材料と水を圧力鍋に入れて、沸騰するまで8分
・煮るのに1分(この値がカタログ記載の1分に相当)
・火を止め、圧力が下がるまで待つのに20分(!)
・ルーを入れて混ぜるのに1分弱。

という工程を経て、合計45分弱で完成!
予想より長いよー。
特に、圧力が下がるのを待つ時間が20分!これは長い。
10分でできた、って話もあるので、一概には言えないが。
どうしても速く作りたいときは蒸気を強制的に抜く方法もあるが、多分煮えない。

お湯を沸かしつつ、材料を炒める、という風に
並行して調理を進めれば、10分くらいは短縮できるかもしれないね。

あ、でも味は美味いよ。
[PR]
by miries | 2009-06-22 22:28 | たべもの


<< ミニゲームを仕上げる。 続・ROIDサイト >>