DS西村京太郎サスペンス2

そういえば、と、ずっと前に買って遊んでいなかった、DSの西村京太郎サスペンス2をプレイ。
前作は中々楽しめたのだが、今回はどうだろうか?

…第一話終了しての感想。

なんだ、これ?
なんか前作より退化しているんだが。
シナリオやシステムじゃなくて、主人公があまりにもマヌケ過ぎる気がするんだよ。

----ここから、第一話のネタバレが多少含まれます----

最初に見つけた遺体がちょっと目を離した隙に無くなるのだが。
「どこに消えたか分かった!」
と言って最初の推理モードに入るのだが、結論「犯人が移動させた」って、なんだよ!

その消えた遺体がどこにあるかは一目瞭然なのだが、主人公達は気づかず。調べもせず。
挙句第二の殺人。

最後の方に、ある記号が何を表しているか、という入力モードになるのだが、
どういうわけか、わざわざ手書き入力モードを採用。
答えが分かっているのに、まったく認識してもらえず、挙句パートナーに怒鳴られて進むという。

第二話以降も、主人公の言動が微妙に合わず、のめり込めない自分がいた。

ただ、このゲームはウィストビレッジ目的でもあるので、100問にパワーアップした方で十分に楽しめる。
さらにミニゲームが5~6入っていて、問題クリア後は自由に遊べるてハマれる。

このミニゲーム、推理、というのは無理矢理なこじつけではあるが、どれも良く出来たパズルなので、その部分だけはオススメできる。
[PR]
by miries | 2009-06-05 22:05 | ゲームで遊ぶ


<< サークルKサンクス限定のコーラ 久しぶりに死ぬほど脳を回転させた。 >>